« う~む… .NET Framework 4 になっても、 IE を操作するのはめんどくさいままなのか! | トップページ | [わんくま名古屋] 第16回は 1月 15日 - TDD 道場でも F# やるよ~ »

2011年1月 8日 (土)

無償で使える F# の環境を作ってみよう

新年あけましておめでとうございます (って、 もう8日だけど f(^^; )
本の原稿が 1月 3日にようやく上がりまして、 ちょっとずつ以前の生活にもどりつつあります。 まだ細かい直しがあるはずだけど。 まぁ、 本の話は正式に出版が決まったら、 またするとして。

今年の最初のネタは、 昨夏に公開されてからずっと気になってた、 無償で使える F#。 しかし F# そのものは無償でも、 IDE は有償の Visual Studio しかサポートしていない。 以前から、 Visual Studio Shell を使えば OK って話はあるけど、 やってみないことにはね。

てことで、 まずはダウンロード。

  1. Microsoft Visual Studio 2010 Shell (Integrated) 再頒布可能パッケージ
  2. Microsoft F#, November 2010 Community Technology Preview

Fsharp_startmenu インストールは上の順番で。
終わると、 右のようにスタートメニューに両方とも表示されます。 上の F# CTP から起動できるのは 「インタラクティブ モード」 で、 コマンドラインから直接 F# を実行できる環境。 普通にコンパイルして実行するには、 下の Visual Studio 2010 のほうを使います。 スタートメニューのタイトルからは、 これがシェルだけなのか有償製品なのか分かりませんね。

それでは Visual Studio Shell を起動してみます。 なぜかスタートページの表示のところでエラーが出てあせりましたが、 ちゃんと F# が動きました。
新しいプロジェクトを作成するダイアログを開いてみると、 F# だけ。 ちょっと寂しい f(^^;
Fsharp_newprojectdialog

無事に F# でコードを書いて、 コンパイルして実行することができました。
ただし、 ジェネリックと型推論を使いまくる F# は、 ATOM なネットブックには重いです。 それなりのマシンパワーはあったほうがいいです。

それと、 ひとつ気になってたのは、 MSDN の Visual Studio Shell のページに、 次のように書いてあったこと。

NOTE
The Visual Studio shell integrated mode can be installed together with all editions of Visual Studio except the Express editions.
( いいかげん訳: シェルは他のエディションの Visual Studio と一緒にインストールできるよ、 ただし Express Edition は除くけどね! )

今回、 C# Express とかが死んでもいいや、 って腹を括って入れてみたわけだけど…

Fsharp_and_csharpexpress

ご覧のとおり、 無事に C# Express Edition も立ち上がって動いております。 手前の画面は Visual Studio Shell で、 F# のコード (NUnit 用のユニットテストだったりする f(^^; ) が見えています。 奥の画面が C# Express で、 F# で作ったバイナリに参照設定を掛けて F# のメソッド呼び出しをやったりしています (そのコードは見えないけど f(^^; )

副作用の無い F# の清浄なる世界へ、 どうぞあなたも。

|

« う~む… .NET Framework 4 になっても、 IE を操作するのはめんどくさいままなのか! | トップページ | [わんくま名古屋] 第16回は 1月 15日 - TDD 道場でも F# やるよ~ »

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/50530852

この記事へのトラックバック一覧です: 無償で使える F# の環境を作ってみよう:

» [コラム] F# で NUnit するには [TDD.NET]
To write unit-tests with F# and NUnit, as follows. Add reference to nunit.framework To declare the class, use the type keyword. Then, add TestFixture attribute. [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 22時13分

« う~む… .NET Framework 4 になっても、 IE を操作するのはめんどくさいままなのか! | トップページ | [わんくま名古屋] 第16回は 1月 15日 - TDD 道場でも F# やるよ~ »