« Windows Xp からの引っ越し ~ Pragon Go Virtual | トップページ | Small Basic v0.91 ~ 対応言語追加のみ »

2010年11月15日 (月)

Windows Xp からの引っ越し ~ Pragon Go Virtual で Virtual PC 用のイメージを作る

前回紹介した Pragon Go Virtual を使って、 Windows Xp の動いている環境から Virtual PC 用のイメージを作る手順をご紹介。

まずは、 ダウンロードページから落としてきてインストールしなければ始まりません。 そこで 32bit / 64bit と言ってるのは、 抜き出したい環境の OS の話です。 今回は、 稼働中の Windows Xp 32bit からイメージを作りたいので、 32bit 版です。
ダウンロードしてきたら、 抜き出したい環境のほう (今回は Windows Xp 32bit) にインストールします。 再起動が必要です。

再起動後に Pragon Go Virtual を起動します。

20101114_paragongovirtual01
今動いている環境から仮想マシンのイメージを作るには、 "P2V Copy" (物理から仮想へコピー) をクリック。

ウィザードに従って進めていくと、 ドライブ選択になります。
20101114_paragongovirtual02
ここで仮想マシンに含めたいドライブを選びます。  Pragon Go Virtual を起動した OS (つまり、 まさに今使っている OS) も、 ちゃんとコピーできます。
※ 今回コピーする Windows Xp は、 Z ドライブにインストールされています。 そういう場合でも、 C ドライブを含めてあげないと起動しないはずです。

いくつでもドライブを選べますが、 合計の容量が 127GB を超えないように注意してください。 Virtual PC のサポートしているサイズは、 そこまでです。

次へ行くと、 選んだドライブの中から起動できる OS が一覧されます。
20101114_paragongovirtual03
ここでは、 F: の Win2k と Z: の WinXp が表示されています。 WinXp を選んで進めます。
※ C: ドライブに入っている MS-DOS や Windows 98 は出てきませんでした。 Windows NT 系に限定されてるのかな?

次は、 どのイメージを作るかの選択です。
20101114_paragongovirtual04
ご覧のとおり、 Virtual PC 用のイメージの他に、 VMWare 用と Oracle VirtualBox 用のイメージが作れるようです。

次は、 仮想イメージの識別名 (マシン名ではない) と、 CPU・メモリ量の指定。
20101114_paragongovirtual05
ここでは、 CPU 個数はデフォルトのまま、 メモリはデフォルトが 512MB と出てきたので、 元の環境と同じ 1GB に変更しました。

こんどは、 仮想ディスクのプロパティページ。
20101114_paragongovirtual06
今回は仮想ディスクが 2つ作成されることになるようです。 選んだドライブの数と一致していないのですが、 なぜだかは調べていません。
右端のボタンをクリックすると、 それぞれの仮想ディスクのサイズを変更することもできるようです。

最後の指定は、 仮想イメージの書き出し先です。
20101114_paragongovirtual07
保存先のフルパスを指定して、 いよいよ実行です。

実行中の画面。
20101114_paragongovirtual08
サイズによりますが、 数時間は掛かります。 放置して寝ましょう f(^^;

成功していれば、 .vmc ファイルと .vhd ファイルが出来ています。
20101114_virtualpc01
Virtual PC の入った Windows 7 上で .vmc ファイルを開けば、 旧環境が仮想マシンとして立ち上がります …が。 ちょっと待った!!

はやる気持ちを抑えて、 バックアップコピーしておきましょう。 もう一度イメージを作るよりは、 短時間で済むはずです。

Windows Xp のイメージを作ったわけですが、 OS からしてみれば、 ハードウェアが新しくなったようなものです。 下のように Xp のアクティベーションが動作して、 3日以内に再アクティベーションしないとウンともスンとも言わなくなってしまいます。 動作確認をして、 旧環境を潰すかどうか決断するのに、 3日しか無いわけです。 しかし、 最初に起動する前にバックアップコピーを取っておいて、 3日経つごとに上書きしてやれば、 やり直すのも簡単というものです。 (その間、 2つの PC に同じライセンスが存在することになりますが、 大目にみてやってくださいまし m(_`_)m > Microsoft 様)
20101108_vpc01

|

« Windows Xp からの引っ越し ~ Pragon Go Virtual | トップページ | Small Basic v0.91 ~ 対応言語追加のみ »

PC・インターネット」カテゴリの記事

-PC・インターネット ( Windows 7 )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/50041494

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Xp からの引っ越し ~ Pragon Go Virtual で Virtual PC 用のイメージを作る:

« Windows Xp からの引っ越し ~ Pragon Go Virtual | トップページ | Small Basic v0.91 ~ 対応言語追加のみ »