カテゴリー「-プログラミング ( 2009.04-06 )」の56件の記事

2009年6月29日 (月)

[.NET] WPF Toolkit に、 グラフ チャートが追加

川西 裕幸のブログ より。

WPF Toolkit (June 2009)
Published 27 June 09

WPF Toolkit の June 2009 版がリリースされ、グラフ チャートが追加されました。

* チャート コントロールの追加
* 以下のバグ修正:
    o DataGrid.DeleteCommand が現在のセルを必要とする
    o DataGridColumn の DisplayIndex で ArgumentOutOfRange 例外
    o DatePicker の IsEnabled=False でグレーアウトしない
    o DatePicker の Enter, Escape, Spacebar 入力が編集を正しくコミット/キャンセルせず、ポップアップを閉じる
    o VSM の steady ステート アニメーションの動作失敗

チャートコントロールについては 「Delay's Blog : WPF Charting: It's official! [June 2009 release of the WPF Toolkit is now available!]」 を …って、 英文ですけど f(^^;
20090629_wpftoolkit_chart01

なお、 今回のリリースから "Quality Bands" ( 品質帯 (?) ) という、 Experimental ( 実験的 ), Preview ( プレビュー ), Stable ( 安定 ), Mature ( 成熟 ) の 4段階のレーティングがコントロールごとに付くようになりました。
チャートは Preview で、 それ以外のものは Stable だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

VB.NET に未来はあるのか?

InfoQ にこんな記事が掲載されています。 でも、 主張とは裏腹なことになりかねないんじゃ…?

InfoQ: VB.NET に未来はあるのか?
2009年6月25日 ( 原文は 2009/6/23 )

はじめにマイクロソフトは、 2つの言語に異なる機能を実装することで差別化しようと考えた。 しかし、 VB.NET の顧客の要求は C# の機能であり、 C# の顧客は VB.NET の機能を求める声が多かったため、 2つの言語を同期することを決定した。 また、 VB.NET 開発者の数は、 C# の開発者よりもわずかに多いため、 マイクロソフトが VB.NET を殺すことは彼らの利益にならない。 言語をともに発展させるために 2つのデザインチームが一緒になった 18ヶ月前にこの約束は強化された。

同じなら、 どちらか片方でいいんじゃない、 ってことになりそうな気がしてしまいます。

お客さんの要望で使う言語が決まることが多い、 私のような立場からすると、 同じ機能であることはありがたいんですけどね。

続きを読む "VB.NET に未来はあるのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

"Object Oriented CSS" …名前なんて飾りです f(^^;

「object を orient している CSS」 ( CSS が object を orient している ) …って、 私にはまるっきり意味不明ですがw まぁ、 それは置いといて f(^^;

マイコミジャーナル : オブジェクト指向 CSS、 HTML 複雑だがパフォーマンスと再利用性向上
2009/06/22

Kevin Yank 氏が SitePoint に First Look: Object Oriented CSS のタイトルのもと、 オブジェクト指向 CSS (Object Oriented CSS: OOCSS) に関する概要をまとめている。 同文書ではオブジェクト指向 CSS に関しては Yahoo! のエンジニアである Nicole Sullivan 氏が有名であるとし、 Nicole Sullivan 氏の発表資料をとりあげて OOCSS について説明している。

これかな ⇒ Nicole Sullivan 氏の Object Oriented CSS
※ そこの FAQ ページを眺めると、 ( 当たり前のことなんだけど ) ID セレクタよりクラスセレクタを重視しようという姿勢のようです。 クラスだから Object-oriented だ… ってことなのかなぁ f(^^;

続きを読む ""Object Oriented CSS" …名前なんて飾りです f(^^;"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

[.NET] ルビを生成してくれる、 ASP.NET 用 YomiganaServerLabel コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta

まず、 YomiganaServerLabel コントロールの出力が、 ブラウザでどう表示されるか、 見てもらったほうがいいかな。 OS は Win7 RC です。

【 IE8 】
20090623_yomiganaserverlabel_ie01a

【 Firefox 3.0.11 + HTML Ruby 4.43.7 】
20090623_yomiganaserverlabel_ff01a
※ Firefox は ruby 要素に対応していないので、 アドオンが必要です。

この一文、 ASP.NET 側ではどう書いてあるかというと…

<cc1:YomiganaServerLabel ID="YomiganaServerLabel1" runat="server" TextCssClassId="TextID" YomiganaCssClassId="YomiganaID"
  >\uFFF9今日\uFFFAきょう\uFFFBは\uFFF9良\uFFFAりょう\uFFFBい\uFFF9天気\uFFFAてんき\uFFFBです</cc1:YomiganaServerLabel>

続きを読む "[.NET] ルビを生成してくれる、 ASP.NET 用 YomiganaServerLabel コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Small Basic API リファレンス

Small Basic API Reference が公開されています。
http://doc.smallbasic.com/

バージョン表記がありませんが、 v0.5 用だとのこと。

右上に、 English | español | français と 3ヶ国語のリンクが並んでいます。 そこに "日本語" が並ぶのは何時のことか…
日本語に翻訳する協力者が居ないのでしょうね。 日本の学校の先生にはそんな余裕は無いにしても、 教育学部の学生にやってもらうとか、 なんか手はありそうなものだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

[.NET] 読み仮名取得コントロールと、 Excel との違い ~ International Feature Pack 2.0 Beta

International Feature Pack 2.0 Beta に含まれる読み仮名コントロールは、 WPF 用WinForm 用 ( まだ試していませんが、 おそらく ASP.NET 用のも )、 IME 経由でのユーザーからのキー入力 ( 正確には、 ローマ字入力の場合はカナに変換した結果 ) を拾っているようです。
これは Excel の PHONETIC ( ふりがな ) 関数とは、 異なっています。 Excel では、 ( おそらく ) IME の辞書を使って逆引きした結果を出しています。

そして、 お客さんの要望は、 多くの場合、 「Excel の動きと同じにしてよ」 なのです。

以下、 Excel の PHONETIC 関数の、 動作例を載せておきます。
Excel は 2002 ( 10.6823.6825 )、 IME は IME スタンダード 2002 ( 8.1.4202.0 ) です。 かなり昔から、 Excel はこういう動作をしていて、 お客さんはそれに慣れ親しんでいるのです。

続きを読む "[.NET] 読み仮名取得コントロールと、 Excel との違い ~ International Feature Pack 2.0 Beta"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[.NET] WinForm 用の、 フリガナ取得コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta

International Feature Pack 2.0 Beta に含まれている、 YomiganaTextBox コントロールをとりあえずざっくり使ってみる。 Win7RC に VC#2008EE です。

VC# のツールボックスに YomiganaTextBox を追加して、 Form にそれを貼り付けます…
って、 出だしのところでがっくり。 名前空間が YomiganaWinFromControls になってます。
気を取り直して、 ラベルも貼り付けて、 WPF のときと同様に TextChanged ハンドラを追加。

private void yomiganaTextBox1_TextChanged(object sender, EventArgs e) {
  this.label1.Text = ((YomiganaTextBox)sender).Yomigana;
}

さて、 実行…
ありゃりゃ、 コントロール内部の OnLostFocus イベントハンドラで例外が orz
Win7RC でやってるからですかね~?
しょうがないので、 継承したコントロールを作って、 OnLostFocus() メソッドをオーバライドして、 とりあえず例外を潰すように改造 f(^^;

やれやれ動いた…
あらあら、 ひらがな指定したのに、 カタカナになってる orz
YomiganaKanaKind の設定が、InitializeComponent() に反映されてないみたいなので、 自前のコードで指定 f(^^;

ふぅ、長かった…
20090621_yomigana01
ちゃんと IME で入力したときの読み仮名が出ました。

まぁ最初のβ版なので、 いろいろあります…

※ 要望やフィードバックは MSDN Forum: Visual Studio International Pack へどうぞ。 この記事と同じ内容を、 同フォーラムの 「WinForm で読み仮名を取得できる YomiganaTextBox コントロール (beta版) の仕様・不具合」 に書きました。

 

続きを読む "[.NET] WinForm 用の、 フリガナ取得コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月21日 (日)

オブジェクト指向のプログラム@Wikipedia

久しぶりに Wikipedia で Object-oriented programming の項 (英文) を見たら、 今まで不明瞭だった一文が、 今年の 3月 7日に改訂されていました。

【 旧 】
OOP may be seen as a collection of cooperating ''objects''

「OOP は、 協力しあっている "objects" の集合のように見えるでしょう」

通常 OOP は Object-Oriented Programming のことですから、 「××プログラミングは、 ××に見える」 と訳したくなりますが、 「プログラミングは、 "objects" の集合のように見える」 というのでは意味不明です。

【 新 】
An object-oriented program may thus be viewed as a collection of cooperating objects

objects が斜体になっています。 それはすなわち、 この文章で扱っている object ( クラスのインスタンス ) とは別物だということです。 (  旧もダブルクォートで囲ってありますが、 同趣旨。  )
それを踏まえて訳すと、 「オブジェクト志向のあるひとつのプログラムは、 ( 前の段落を受けて ) それゆえに、 協力しあっている物の集合のように見えるでしょう」 とでもなりましょうか。
私には、 改訂後の新しい文の方が、 すんなりと腑に落ちます。

斜体の objects を 「目的」 や 「目的語」 や 「対象」 などという意味に捉えたのでは、 "a collection of cooperating objects" の意味が通らないでしょう。
あるいは、 「インスタンス」 の意味に捉えると、 まさにその通り過ぎで、 逆に斜体の意味も、 "may be viewed as" の意味も不明になります。 ( それなら "An object-oriented program is a collection of cooperating objects" と書けばよい。 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

[.NET] WPF でフリガナを取得してみる ~ International Feature Pack 2.0 Beta

International Feature Pack 2.0 Beta に含まれている、 YomiganaWPFTextBox コントロールをとりあえずざっくり使ってみる。 Win7RC に VC#2008EE です。

20090620_yomigana01

このように、 コントロールに IME を使って入力した文字列の読み仮名が、 下のラベルに表示されます。
変換を確定させたところで、 TextChanged イベントが発生しています。 ( 変換候補を選んでる途中では、 発生しません。 どうやってるんだろう? )

コードは、 TextChanged イベントハンドラを書いただけ。
WPF では、 どうあがいても綺麗に読み仮名を取得できませんでしたからね、 これは素晴らしい!

private void yomiganaWPFTextBox1_TextChanged(object sender, TextChangedEventArgs e) {
  if (this.label1 == null)
    return;

  this.label1.Content = ((YomiganaWPFTextBox)sender).Yomigana;
}

ただし、 最初のβ版なので、 いろいろあります…

※ 要望やフィードバックは MSDN Forum: Visual Studio International Pack へどうぞ。 以下は、 同フォーラムの 「WPF で読み仮名を取得できる YomiganaWPFTextBox コントロール (beta版) の仕様・不具合」 スレッドにも書きました。

続きを読む "[.NET] WPF でフリガナを取得してみる ~ International Feature Pack 2.0 Beta"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[.NET] International Feature Pack 2.0 Beta ~ .NET な開発者/SE/発注者は、必ず評価すべき

# しまった、 一週間も気が付かなかった! orz

これで、 WPF や ASP.NET で、 フリガナ ( ユーザーが入力した読み仮名 ) の取得が可能になるみたいです。 ASP.NET では、 ルビ要素 ( ruby ) も使えるようになるらしい。

Windows 向けのアプリケーション開発に携わっている日本の ( 日本向けのソフトを作ってるとこ含む ) 人は皆、 このβ版を評価して、 褒めたり注文付けたりすべきです。 よその国の人は、日本語のことなんてまったく面倒見てくれませんからね。

※ インターナショナルパックということなので、 今のところは日本向けの機能が多いのですが、 中国・韓国も入っています。 将来的には対象の国・地域は増えていくでしょう。 日本の市場で要求されることと衝突する他の国・地域の要求が出てきたとき、 それまでに日本からのフィードバックが無かったとしたらどうなるか…

Microsoft Visual Studio International Feature Pack 2.0 Beta

ファイル名 :    VSIPSetup.msi
バージョン :    2
公開された日付 :    2009/06/12
言語 :    日本語

コントロール:
* 強化された Ajax、 WPF、 および Windows フォームのテキストボックスにより、ユーザ入力から読みを取得することができます。
* 強化された ASP.NET のラベル コントロールにより、 ルビ表記タグを使った表示ができます。

続きを読む "[.NET] International Feature Pack 2.0 Beta ~ .NET な開発者/SE/発注者は、必ず評価すべき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧