« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の18件の記事

2009年7月31日 (金)

[Windows7] 日本語版、 MSDN は 8月 15日 12日から提供開始

MSDN サブスクリプション ニュースの RSS フィードより。

Windows 7 (日本語版) の MSDN Subscription での提供は 8 月 15 日 (日本時間) を予定しています
2009年7月31日 18:00

MSDN Subscription 会員の開発者の皆様は、Windows 7 (日本語版) を 8 月 15 日 (日本時間) よりダウンロードいただけるようになる予定です。スケジュールに変更が生じた場合には、再度連絡をさせていただきます。

# …で、 フィードのリンクをたどっても本文が見当たらない風味なのはナゼ? (@@;

※ 注) 英語版は 8月 6日


( 2009/08/12 追記 )
3日前倒しになって、 本日公開されました。
ITmedia News: Windows 7日本語版RTM、開発者向けに配布スタート (2009年08月12日 11時54分)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

[NEWS] Microsoft が Linux コミュニティにソースコードを提供

…と言っても、 Hyper-V 上で Linux を動かすときに役に立つデバドラだそうで。 しっかり自分が得するための戦術なわけですけど。
それでも、 時代が変わったなぁと思ってしまいます。

@IT: Hyper-V 向け準仮想化向けドライバか
Microsoft、 Linux 向けドライバなどを GPL で公開

2009/07/21

 米マイクロソフトは7月20日、 Hyper-V 上でゲスト OS として Linux を稼働させるときに使える Linux 向けのドライバ 3種類を含む 2万行のソースコードを GPLv2 のライセンスの下にオープンソースで公開したことを明らかにした。

続きを読む "[NEWS] Microsoft が Linux コミュニティにソースコードを提供"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

[開発プロセス] 測定できなくても制御できる!? by DeMarco

ソフトウェア工学では ( …に限りませんが )、 プロセスの何かを制御したいならば、 まずその何かを計測しなければならない、 と教えています。
Tom DeMarco が 1982年に書いた "CONTROLLING SOFTWARE PROJECTS: MANAGEMENT, MEASUREMENT AND ESTIMATION" ( ソフトウェア・プロジェクトの制御: マネージメント、計測、見積り ) においても、 計測しなければ制御 (マネージメント) できない、 と強く主張していました。
※ この本の翻訳書のタイトルが 「品質と生産性を重視したソフトウェア開発プロジェクト技法 ― 見積り・設計・テストの効果的な構造化」 …どこから 「構造化」 が出てきたものやら (--;

An Agile Way:
「測定できないものは制御できない」は誤りだった。-- by Tom Demarco
2009/07/19

ソフトウェア工学の祖の一人である、トム・デマルコが、最近IEEE Software 誌に、過去のソフトウェア・メトリクス賛美を悔い改める記事を書いている。

では、計測しないで制御する、という方法があるというのだろうか?

続きを読む "[開発プロセス] 測定できなくても制御できる!? by DeMarco"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

Silverlight 3 SDK リリース、 そして、 Web ブラウザー外実行のサポート

Silverlight 3 SDK がリリースされました。
そして、 Silverlight 3 には、 ブラウザ上で動いている Silverlight アプリをローカルディスクにインストールできる、 という新機能が。

ディベロッパー製品開発統括部 Blog :
Silverlight 3 SDK および Visual Studio 2008 SP1 用 Silverlight 3 Tools 日本語版をリリースしました
July 16, 2009

Silverlight3 の大きな特徴の一つに、 Web ブラウザー外実行のサポートがあります。

Webブラウザー上でも、デスクトップ上でも、どちらでも動作するアプリケーションを簡単に作成できる

…ということで、 その操作手順も書かれています。
開発環境は、 例によって無償の  Visual Web Developer 2008 Express SP1 で OK です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

ひさびさに先生稼業

明日 (7/15) から月末まで、 ひさしぶりに先生稼業。 新人に VB.NET を教えることに。

本職の先生と違って、 ふだんはデスクワークばっかりなので、 一日中喋りっぱなしってのは体力を使い果たします f(^^;
そんなわけで、 ここの更新は滞ると思います m(_`_)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Visual Studio 2008 開発ガイドブック」 が公開されています

Microsoft から公開されたこの文書は、 Visual Studio を初めて触るという人向けのチュートリアルです。

Visual Studio 2008 開発ガイドブック

第 1 章 『Visual Studio 2008 の概要』
第 2 章 『開発の流れと開発スタイル』
第 3 章 『プロジェクトの作成』
第 4 章 『アプリケーションの開発』
第 5 章 『ビルド』
第 6 章 『デバッグ』
第 7 章 『単体テスト』
第 8 章 『アプリケーション ライフサイクル マネジメント』

『単体テスト』 のところでは、 リファクタリングについても触れられています。 f(^^;
でも、 メソッドスタブの生成機能については、 書いてないみたい。 (;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アジャイル文化への転換は容易ではない」

たしかに、 それ 「も」 容易ではないです。 もう何年も痛感してます。
でも、 こういう記事を読むと、 アメリカでも同じなんだなぁ、 と安心したりして :-p

InfoQ: アジャイル文化への転換は容易ではない
作者 Shane Hastie  , 翻訳者 渡嘉敷 満理子  投稿日 2009年7月13日

これを行うには、 組織的成熟の追求に関する集中的で継続的なプラクティスを発展させるための経営コミットメントが必要となります。 さらに、 この一環として、 スキルと能力における格差を明確にしなければなりません。 この格差を埋めるには、 積極的なアクショントレーニング、 コーチング、 プロセス改善、 ツールの導入が必要になります。 能力と組織的成熟の発展には、 状況に合った適切なプロセスとこれをサポートするツールへの投資が必要です。

…でも、 この一節って、 アジャイルだけの話でしょうか?
継続的なプラクティスの発展、 積極的なトレーニングやプロセス改善といった経営施策は、 生産性と品質を向上させようとするなら、 重たいプロセスでやっているところでも同じことでしょう。 それどころか、 ソフトウェアに限らず、 なにかを作り出す組織すべてに共通する話なんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

7/25 は、わんくま名古屋勉強会の日

ってことで、 来週末の土曜日です。
お申し込みを忘れてるかた、お早めに f(^^;

わんくま同盟 名古屋勉強会 #08

・ 「SQL Puzzlers ~SQL Server編~」 bleis-tift さん
・ 「CPU のキモチ」 C.John さん
・ 「駆け足でw 匠の伝承w」 ゆーち
・ 「VS2010 はここがすごいはず」 中博俊
・ 「VBScript でユニットテストをやってみる」 にゃったさん
・ 懇親会~

個人的には、 にゃったさんの VBScript でユニットテスト ってのが面白そうかな。 あと、 中さんのは、 VS2010beta が上手く動いてくれないと、 違う意味で面白いかも (w

今回、 私は喋る受け持ちはないですが、 朝から居ますよ~。 もちろん、 本番 ( 懇親会 ) にも出席です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

「U18セミヌード保持者摘発法」 ~ 沈黙を続けるマスコミは自殺願望?

タイトルには、 イメージが伝わりやすいように綽名で書いてみました。 本名は 「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案」、 略すとなぜか 「児童ポルノ禁止法」 などと呼ばれます。

ヌード・セミヌードと 「三号ポルノ」 との峻別基準が不明瞭なまま、 単純所持が犯罪であるということになれば、 運用次第では 「U18セミヌード保持者摘発法」 ( しかも、 自民党議員の答弁によれば、 「18歳未満に見える」 場合もアウトらしい ) と化す可能性は十分にあります。 そうなれば、 言論・表現の自由の喪失という、 第二次世界大戦前夜のような状況になりかねないのですが、 なぜかテレビ・新聞といったマスコミは、 そういった点をまったくといっていいほど指摘しません。

保坂展人のどこどこ日記:
「児童ポルノ禁止法」 の与野党修正協議の行方は 
2009年07月09日

本来なら、 「内心の自由」 に踏み込む共謀罪に反対してきた人たちや、 メディア規制に道をひらく個人情報保護法に危機感を持った人などが、 幅広く 「言論・表現の自由」 をめぐり議論に参加してくれることが望ましい

新聞・テレビがもう少し踏み込んだ報道をしてくれると国会での議論も変化するはずだ。 解散・総選挙直前の状況だからこそ、 しっかりした議論をしておかないとメディアも危ない、 ということに気がついてほしい。

続きを読む "「U18セミヌード保持者摘発法」 ~ 沈黙を続けるマスコミは自殺願望?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

[.NET] ADO.NET、 LINQ to SQL、 Entity Framework、 Data Services… なにがなんやら?

…って人に。 ( 私を含む f(^^; )

MSDN データ プラットフォーム デベロッパー センター
.NET Framework におけるデータ アクセスの概要
「マイクロソフトのデータ アクセス技術の変移」 (対談記事)
データ アクセスの達人に聞く

最後の 「達人に聞く」 はインタビューで、 4部に分かれています。
・ #01 - ADO.NET とは?
・ #02 - LINQ とは?
・ #03 - ADO.NET Entity Framework とは?
・ #04 - ADO.NET Data Services とは?
…よさそうなんですが、 でもビデオなんですよ。 会社じゃ見れません ( というか、 聞けません ) orz

20090707_dataaccess01 20090707_dataaccess02

※ 左、 『「マイクロソフトのデータ アクセス技術の変移」 (対談記事)』 より。 右、 『.NET Framework におけるデータ アクセスの概要』 より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

「ソフトウエアは工業製品なのだろうか、それともアートなのだろうか。」

タイトルは、 Software Creativity 2.0 ( 邦題 「ソフトウエア・クリエイティビティ ソフトウエア開発に創造性はなぜ必要か」 ) に、 平鍋健児氏が付けられた解説の一節です。

氏の blog 「An Agile Way」 から引用。

An Agile Way: ソフトウェア・クリエイティビティ 2.0
2009/07/05

ソフトウエア開発を職業としている人たちにとって、 仕事の中に「アート」に属する部分があることは否定できないが、 全体をアートだと言ってしまうとまったく前進が望めないように思える。

自分たちの活動を 「工業製品」 と言われた瞬間にそれは発想の自由のないアクティビティに見え、 自分の人生を費やす意味をなくしてしまう……

平鍋氏にそんなつもりは毛頭ないのでしょうが、 これでは、 『工業製品を作り出している人々の仕事には 「アート」 に属する部分など無く、 すべて発想の自由の無いアクティビティだけである』 と言っているように聞こえてしまいます。

続きを読む "「ソフトウエアは工業製品なのだろうか、それともアートなのだろうか。」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

Windows なんてオモチャは要らない、 業務アプリは MS-DOS で十分だ。

昔話です。

私がソフトウェア業界に転職したのは、 1994年の秋。 すでに Windows 3.1 がかなり普及していて、 Windows 95 の発売も目前でした。 しかし、 ビジネスアプリケーションを作っている会社の雰囲気は、 「MS-DOS で十分なのに、 オモチャみたいな Windows なんてもののために作る必要がどこにある?」 というものでした。

たしかに、 当時の MS-DOS 上で作っていた業務アプリでも、 マウスは使えましたし、 ダイアログボックスをポップアップさせたりと、 機能的には Windows アプリで出来ることは大体出来ていました。 また、 そのためのライブラリ ( 今で言うフレームワーク ) も販売されていまた。 そして、 MS-DOS 用の業務アプリを開発しては、 すでに普及した Windows の DOS 窓で動かしていたものです。
※ ちなみに、 当時、 Windows アプリを MS-C でゴリゴリ書くのは、 たしかにタイヘンでしたが、 とっくに VB2 も発売されていました。

機能要件的には、 DOS 窓で MS-DOS アプリを動かすやりかたに、 何の問題もありませんでした。 ですが、 現実はどうなったでしょう?

それから 15年が過ぎた今。
WPF を標準搭載した Windows Vista が、 そこそこ普及してきていて、 パフォーマンスが大幅に向上した Windows 7 の発売は、 目前に迫っています。 それなのに、 「業務アプリを作るには、 Windows Forms や ASP.NET で十分だ。 アニメだの 3D 効果だの、 そんな WPF や Silverlight といったオモチャを使わねばならん必要がどこにある?」 と、 まだまだそう考えている会社が多いように感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

ありえないソリティアの画面

いやぁ、 びっくり。 こんなことも起きるんですねぇ f(^^;

20090704_solitair01b_2
XP のソリティアです。
一番左の列、 なんと 9 の上に 5 が乗ってしまいました。

なんでこうなったのやら… f(^^;
8 を乗せるつもりが途中で取り落としてしまって、 そこにあった 5 をドラッグしてしまったのは確かなんですけど、 その後何回か挑戦してみても再現できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

I Run Windows 7 キャンペーン開始

今日から始まってます。

I Run Windows 7 担当者ブログ
7月3日
皆様へ

Windows 7 のベータ版、 製品候補版(RC)を導入、 ご評価いただいている皆様への感謝と、 実際に使っていただいている皆様の声を世の中に広く伝えていくために、 マイクロソフトの公式ユーザー向けコミュニティ 「I Run Windows 7.」 が今日スタートします。

Windows 7 Beta/RC 評価チャート 「Voice Chart」 が公開されました。
http://windows07.jp/

こちらは Windows 7 Beta/RC 版をお使いの皆様の声を形にするサイトです。

そんなわけで、 私もひとつ評価を追加させてもらいました
※ 見るには Silverlight 2 が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 2日 (木)

今年も Tech・Ed 2009 で LT 登壇者募集中

…ぅ~ん、 どうしたもんか…!?
去年は、 横浜へ行ける余裕なんてまるっきり無かったから、 応募するのもあきらめたけど。 今年は、 微妙なんだよねぇ。 5月から暇してたんだけど、 来週から始まっちゃって、 来春まで詰まっちゃう感じなんで f(^^;
ともあれ、 ご紹介など…

・ Tech・Ed 2009 のスケジュールや内容は、 こちら。
  ⇒ Microsoft Tech·Ed Japan 2009 ホーム

・ LT ( Lightning Talk ) は、 規定の 5分間をきっかり喋ってどれだけウケを取れるかを競うセッション (ちょっち違w
  ⇒ Tech・Ed Japan 2009 | 【求む!登壇者!!】今年もやります ライトニングトーク!

続きを読む "今年も Tech・Ed 2009 で LT 登壇者募集中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

新サイト 『TDD.NET』 をオープンしました

TDD.NET : http://www.tdd-net.jp/

.NET Framework の上で C# や VB.NET を使って TDD する人 / したい人に、 役に立つ情報を集めていくサイトを、 立ち上げました。
".jp" ドメインの名に掛けて、 日本語で情報を載せていきます。
中身はボチボチとしか増えていかないと思いますが、 RSS リーダーの片隅にでも加えてやってくださいまし。
どうぞ、 よろしく。

続きを読む "新サイト 『TDD.NET』 をオープンしました"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Re: 罠サイトで「所持」

高木浩光氏が meta 要素を使った罠を紹介しているのだけれど長いので、 まずは↓こちらからどうぞ。

水無月ばけらのえび日記: 罠サイトで「所持」
2009年7月1日(水曜日)

罠の内容が興味深いです。 pictures.zip には真っ白な JPEG 画像しか含まれていない……と思わせつつ、 1枚だけ異なる画像が含まれています。 実際に罠サイトでこのようなファイルをダウンロードさせられてしまったとき、 大量の画像の中に問題のある画像が紛れ込んでいたとしても、 そのことに気づかないで放置してしまう可能性がありますね。

それは Windows の話で、 高木氏によれば Mac の場合だと、 ファイルをダウンロードしたことにすら気付かないのだそうです。 そして、 ダウンロードするフォルダを自動バックアップする運用をしていたら、 バックアップファイルのほうにまで入ってしまう、 と。

ところで、 単純所持の要件に、 ブラウザのキャッシュに入っているものは除くという規定なり判断なりが入るでしょうか? そうでなければ、 罠サイトを作るのはもっと簡単ですね。

続きを読む "Re: 罠サイトで「所持」"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ご案内

本館 ( ここです。 本文に移動する )
.NET 系のプログラミングねたを主にし、 そのほか科学・環境・古代史・愚痴などなどを扱っております。 ( since 2007/04 )
バックナンバーとカテゴリーの一覧
※ 一部、 旧館から引っ越してきた記事もあります。

( 準備中 )
※ プログラミングねたのうち、 コーディングに特化したブログを予定

TDD.NET ( since 2009/07 )
.NET な開発者のための Test-Driven Development 情報サイト

アニメ・コミック ( since 2008/04 ) → バックナンバーとカテゴリー
※ 2008年 4月以前の記事は、 本館から引っ越したものです。

旧館
本館と同様の趣旨のブログです。 ( 現在、 サーバーが停止中です m(_`_)m )

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »