« Visual Studio 2010 Beta 日本語版、 一般公開 | トップページ | [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(1) »

2009年6月 7日 (日)

[XP SP3] リモートデスクトップのクライアントがバージョンアップしてたんですねぇ

いやぁ、 気付いてませんでした。 f(^^;

XP SP2 の 「リモートデスクトップ接続」
mstsc.exe (396,288 バイト)
バージョン情報 : 5.1.2600.2180 (xpsp_sp2_rtm.040803-2158)
20090607_mstsc_xpsp2

XP SP3 の 「リモートデスクトップ接続」
mstsc.exe (677,888 バイト)
バージョン情報 : 6.0.6001.18000 (longhorn_rtm.080118-1840)
20090607_mstsc_xpsp3

バージョンアップというか、 バージョン情報を見てもらうとお分かりのように、 Vista ( 開発コードネーム Longhorn ) のものに入れ替わっています。

なんか接続するときのダイアログの色が変わってるな~、 くらいに思っていたんですが…
[エクスペリエンス] タブに大きな違いがありました。 ← これに気付いてなかった f(^^;

次の 2項目が増えています。
・ フォントスムージング
・ デスクトップコンポジション

フォントスムージングの設定は、 接続先の設定とは関係無しに効きます。
※ なので、 たとえば接続先のローカルでは ClearType を ON にしていても、 この項目が OFF のままで接続すると、 ClearType は OFF になっちゃいます。

デスクトップコンポジションは… XP から効くの?
# Vista - Vista または Win7 - Win7 という接続じゃないと効かないような気がするんですけど f(^^;

このあたり、 検索してみてもドキュメントがあまり見当たりません。
このへん↓を読むしかないのかな?
Remote Desktop Protocol Performance 10/13/2008 ( Word 2007 文書 )

ところで、 XP SP2 に入れていいよ、 という形でバージョン 6.0.6001 が公開されています。

KB952155: Windows XP Service Pack 2 でターミナル サービスのリモート デスクトップ接続 6.1 クライアントの説明の更新します

Windows XP 用リモート デスクトップ接続 (Terminal Services クライアント 6.1) (KB952155)
公開された日付 :    2008/06/25
言語 :    日本語

これで、 SP2 にも、 SP3 と同じリモートデスクトップ クライアントがインストールされました。

|

« Visual Studio 2010 Beta 日本語版、 一般公開 | トップページ | [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(1) »

PC・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/45269459

この記事へのトラックバック一覧です: [XP SP3] リモートデスクトップのクライアントがバージョンアップしてたんですねぇ:

« Visual Studio 2010 Beta 日本語版、 一般公開 | トップページ | [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(1) »