« [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(1) | トップページ | [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(2) ~ なんでもユニットテストで記述できるか? »

2009年6月 9日 (火)

USB 3.0 ではコネクタ形状が変わる

USB 3.0 規格が決まって、 10倍くらい速くなる ( らしい f(^^; ) って程度には知ってましたが…
@IT の用語解説より。

USB 3.0(Universal Serial Bus 3.0)

信号線の追加により、 USB 3.0 のコネクタ形状は USB 2.0 から変わってしまった。 それでも USB 2.0 用ケーブルは、 USB 3.0 対応 PC/周辺機器のコネクタに接続・利用できるよう工夫されている。 しかし、 USB 3.0 用ケーブルは、 USB 2.0 対応の周辺機器には接続できない (物理的に装着できない)。

へぇ~、 そうなんだ。
コネクタが大きくなるのね。 でも、 互換性に関しては上手く考えてあると思います。

Micro-B なんて幅が倍くらいになっちゃって… ケータイのハード屋さんは大変でしょうね。 でも、 これなら年寄りにも表裏の区別が付けられそう (^^;

|

« [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(1) | トップページ | [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(2) ~ なんでもユニットテストで記述できるか? »

PC・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/45286182

この記事へのトラックバック一覧です: USB 3.0 ではコネクタ形状が変わる:

« [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(1) | トップページ | [プログラム設計事始] メソッドの外部設計とテストファースト(2) ~ なんでもユニットテストで記述できるか? »