« [.NET] WinForm 用の、 フリガナ取得コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta | トップページ | Small Basic API リファレンス »

2009年6月22日 (月)

[.NET] 読み仮名取得コントロールと、 Excel との違い ~ International Feature Pack 2.0 Beta

International Feature Pack 2.0 Beta に含まれる読み仮名コントロールは、 WPF 用WinForm 用 ( まだ試していませんが、 おそらく ASP.NET 用のも )、 IME 経由でのユーザーからのキー入力 ( 正確には、 ローマ字入力の場合はカナに変換した結果 ) を拾っているようです。
これは Excel の PHONETIC ( ふりがな ) 関数とは、 異なっています。 Excel では、 ( おそらく ) IME の辞書を使って逆引きした結果を出しています。

そして、 お客さんの要望は、 多くの場合、 「Excel の動きと同じにしてよ」 なのです。

以下、 Excel の PHONETIC 関数の、 動作例を載せておきます。
Excel は 2002 ( 10.6823.6825 )、 IME は IME スタンダード 2002 ( 8.1.4202.0 ) です。 かなり昔から、 Excel はこういう動作をしていて、 お客さんはそれに慣れ親しんでいるのです。

【入力】 「百鬼」 ( キー入力は 「hyakuoni」 ) と入力、
20090622_excel_phonetic01
フリガナは 「ヒャッキ」 と表示される。
※ このようにキー入力とフリガナが一致しないことも多い。
※※ 読み仮名取得コントロールでは 「ヒャクオニ」 になる。

【挿入】 途中に 「目」  ( キー入力は 「me」 ) を挿入。 文字列は 「百目鬼」 になり、
20090622_excel_phonetic02
フリガナは 「ドウメキ」 と表示される。
※ もちろん、 最初から 「百目鬼」 ( キー入力は 「doumeki」 ) と入力しても同じになる。
※※ 読み仮名取得コントロールでは 「ヒャクオニメ」 になる。

【削除】 末尾の 「鬼」 を Backspace キーで削除。 文字列は 「百目」 になり、
20090622_excel_phonetic03
フリガナは 「ヒャクメ」 に変わる。
※※ 読み仮名取得コントロールでは 「ヒャクオニメ」 のまま。

念のため。 どちらの手法が優れているとかでは、 ありません。 お客さんの要望は、 Excel のやりかたの方だよ、 ということです。

|

« [.NET] WinForm 用の、 フリガナ取得コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta | トップページ | Small Basic API リファレンス »

* プログラミング ( WPF )」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/45418349

この記事へのトラックバック一覧です: [.NET] 読み仮名取得コントロールと、 Excel との違い ~ International Feature Pack 2.0 Beta:

« [.NET] WinForm 用の、 フリガナ取得コントロール ~ International Feature Pack 2.0 Beta | トップページ | Small Basic API リファレンス »