« [Windows 7] Vista より 「軽くなった」 理由 | トップページ | NUnit 2.5 がリリースされているので、 Windows 7 RC に入れてみた。 »

2009年5月25日 (月)

[Windows 都市伝説] 入力文字の表示を速くする設定!? IBM も一役

今日の MSN産経ニュース に、 こんな記事があった。 記事のジャンルが 「ニュース: 科学」 とあるからには、 たいていの人はそこに書かれていることは正しい、 と思うはずだ。 全文を引用する。

【ITエクスプレス】 入力速度に合う文字表示に - MSN産経ニュース
2009.5.25 08:47

 パソコン操作に慣れた人は、 キーボードを見ない 「ブラインドタッチ」 で素早く文字入力作業を行う。 速い人は、 1分間に200文字以上の入力が可能という。 このぐらい速くなってくると、 キー入力に比べて画面の文字表示が遅く感じられ、 もどかしくなってしまうことがある。

 こんなときは、 キーボードの反応スピードを速めに調整してみよう。 やり方はこうだ。 コントロールパネルの 「ハードウエアとサウンド」 で 「キーボード」 を選択。 続いて表示されたパネルの 「文字の入力」 欄で、 スライダーを動かして、 「表示までの待ち時間」 を短く、 「表示の間隔」 を速く調整してみよう。

 こうすると、 入力した文字が表示されるまでの待ち時間が短くなり、 次の文字が表示されるまでの間隔も速くなるので、 入力スピードが速い人でも、 タイムラグを感じてイライラすることがなくなるはずだ。 また、 表示が速くなった効果で、 入力スピードが上がった気がしてくるのもうれしい。

 ただ、 あまり速くしすぎると、 かえって入力しづらくなることもあるので、 自分に合った設定を見つけてほしい。 (伊藤壽一郎)

記事はこれが全てだ。 画像などは附加されておらず、 この文章だけだ。
この記事をすみからすみまでじっくり読んでみて、 この設定で変わるのは 「キーリピート」 ( 同じキーを押し続けたときに、 その文字が連続して入力されること ) の動作だけである、 と理解できる人はいるだろうか?
普通に読む限り、 キーを一回押したときにその文字が出てくるまでの時間が短くなる、 と理解するであろう。

この設定について、 Microsoft 自身の解説は、 Web サイトで次のようにされている。

キーボードの設定を変更する - Windows Vista ヘルプ

キーボードの文字を繰り返すためにキーを押し続ける時間、 キーボードの文字が繰り返される速さ、 およびカーソルが点滅する速度をカスタマイズできます。

キーボードの文字が繰り返されるまでの待ち時間を変更するには
( …以下略 )

最初に先入観無くこの解説を読んだとき、 キーを一回押したときにその文字が出てくるまでの時間が短くなる、 と理解する人はいないであろう。

ではなぜ、 上に挙げた記事のような 「都市伝説」 が広まってしまったのだろうか?
誤解されるそもそもの原因が、 Microsoft 自身にあるのは次の通りに明白である。

まず、 英語版の設定ダイアログを見て欲しい。 ( Vista のもの。 MS のサイトに掲載されている "Adjust character repeat rate" のページより引用。 )
20090525_keyrepeat03a
見出しが "Character repeat" となっており、 それぞれのスライダの説明も "Repeat delay" と "Repeat rate" となっている。 "Repeat" ( 繰り返し ) に関する設定だということは、 誤りようが無い。

対して日本語版では、 こうなっている。 ( Windows 7 RC のもの。 )
20090525_keyrepeat01
見出しは "文字の入力" であり、 それぞれのスライダの説明は "表示までの待ち時間" と "表示の間隔" となっている。 「繰り返し」 という言葉は、 まったく無い。

予備知識無しでこの日本語の設定ダイアログを見たとき、 これで誤解するなというのはムリだ。 はっきり言えば、 これはそうとうにひどい誤訳である。

したがって、 その効果を自分で確かめもせずに掲示板などで 「俗説」 として語られることがあるのは、 理解できる。 しかし、 それが 「都市伝説」 としてまかり通り、 あまつさえ新聞の 「ニュース: 科学」 記事にまで書かれてしまうのはなぜか?

この記事を書いた人だけが特別なのかと思ったが、 検索してみるといくつか目に付いた。 その中からひとつだけ、 これも全文を引用しておく。

ITmedia エンタープライズ: Windows Tips 「キーボード入力から表示までの反応スピードを速くさせたい」

 Windows にはキーボードで文字を入力してからディスプレイに表示されるまで, 多少のウェイト(待ち時間)設定がされている。 標準の設定では遅いと感じる場合には, 次の手順で設定速く設定してみよう。 逆に, 遅くしたい場合も同じ手順で設定できる。

{ 設定ダイアログの画像 }
「スタート」 → 「設定(S)」 → 「コントロールパネル(C)」 からキーボード設定を表示させて, 「速度」 タブの 「文字の入力(C)」 を見よう。 「表示までの待ち時間(D)」 を 「短く」, また「表示の間隔(R)」 を 「速く」 に設定して 「OK」 をクリックする。 これで, ほとんどウェイトを感じることがなくなるはずだ

{ レジストリエディタの画像 }
まだ反応スピードに不満がある場合には, レジストリを編集する方法もある。 次のキーを表示させて設定変更をしてみよう。
HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Keyboard 「KeyboardDelay(表示までの待ち時間)」 と 「KeyboardSpeed(表示の間隔)」 の数値を変更することで, 調整できる。 待ち時間は 「0」 が最低であるが, 間隔はプロパティ上の最高値 「31」 を越える値も設定可能だ

[森川拓男,ITmedia]

※ この記事では、 『間隔はプロパティ上の最高値「31」を越える値も設定可能だ』 とも書いてある。 たしかにレジストリに 31 を超える値を書き込むことはできるのだが、 それが反映されるかどうかの確認を怠っている。

新聞の科学欄に解説を書いている人や、 インターネット上の様々な問題を解説している人が、 こうも 「都市伝説」 に踊らされてしまっているのはなぜか?

ひとつには、 自分で試していないことがあるのだろう。 この設定、 自分でやってみれば、 一回のキー入力に対する応答はまったく変わらないじゃないか、 とすぐに気付く。
ということは、 自分でやってみることなく、 どこかから仕入れた情報を鵜呑みにして記事を書いた、 ということになるであろう。

それなりの見識がある ( と思われる ) 人が、 鵜呑みにしてしまうからには、 掲示板の俗説レベル以上の 「権威」 が必要であろう。
そう思って探してみたら、 ひとつ見つかった。 天下の IBM である。 ( 今は、 ページの上端に "Lenovo" のロゴがありますが、 もとは IBM ですし、 このページ自体も IBM のサイト内です。 )

20090525_keyrepeat04

[04] Windows 98/Me - キーボードの反応速度を速くする方法
質問
キーボードで文字入力時に時間差があり表示されるまで待たされる事がありますが、 反応を速くする事はできますか?

Copyright は 2005年になっているが、 IBM 時代のものと思われる 「文書番号:  SYB0-039D18B / 最終更新日:  2002-05-17」 から、 すくなくとも 2002年には作られていた資料だと思われる。 しかも、 Win98 / Me についての解説であるから、 実際はもっと古いと思われる。

たしかに、 「IBM の解説なら正しいだろう」 と思ってしまってもしょうがない、 という気はする。
※ 他のメーカーでも同様な文書を出しているかもしれませんが、 そこまで調べてはいません。

ちなみに。 「いやまて。 Win98 / Me の時代には、 そういう意味の設定だったんじゃないのか?」 と疑ってみる人へ。
手元の Win98 で確認してみた。 ダイアログ右上の [X] ボタンの隣にある [?] ボタンを使えば、 各部のヘルプがポップアップで出るので、 スライダー 2箇所のポップアップを合成しておく。
20090525_keyrepeat02
「表示までの待ち時間」 スライダーに対するヘルプは 「キーを押し続けたときに、 入力の繰り返しが開始されるまでの時間を調整します。」、 「表示の間隔」 スライダーに対するヘルプは 「キーを押し続けたときに、 文字の入力が繰り返される間隔を調整します。」 と出てくる。
Windows 98 から ( Win95 も同じだとは思うが、 手元で確認できない )、 ずっと同じ意味の設定だったわけだ。

そういえば、 この [?] ボタンを使って各部のヘルプを見るという機能は、 WinXP まではあったけど、 Vista から無くなったんだっけ?
ということは、 この都市伝説、 これからもさらにはびこるのでありましょう。

|

« [Windows 7] Vista より 「軽くなった」 理由 | トップページ | NUnit 2.5 がリリースされているので、 Windows 7 RC に入れてみた。 »

PC・インターネット」カテゴリの記事

コメント

知名度のあるニュースサイトでこんな間違い記事が平気で掲載されているとはコワイですね。

投稿: 団パンダ | 2013年8月 8日 (木) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/45125260

この記事へのトラックバック一覧です: [Windows 都市伝説] 入力文字の表示を速くする設定!? IBM も一役:

« [Windows 7] Vista より 「軽くなった」 理由 | トップページ | NUnit 2.5 がリリースされているので、 Windows 7 RC に入れてみた。 »