« [プログラム設計事始] 外部設計と内部設計の狭間 | トップページ | インフルエンザの 「完治証明」 として簡易検査 !? »

2009年5月20日 (水)

ハイブリッド車が、 新車販売台数のトップを競い合う時代の到来

ようやくそういう時代になったか、 という気がしないでもありません。 私が、 モーターで走る自動車の研究に関わっていたころから、 ざっと 20年ほどが経ってしまっていますのでね f(^^;

今年の 4月、 自販連の新車乗用車販売台数データ ( 輸入車及び軽自動車を除く ) によれば、 順位と台数は次のようです。 ( 5位まで抜粋 )

1. インサイト  ホンダ  10,481
2. フィット      〃     9,443
3. ヴィッツ    トヨタ   6,706
4. カローラ      〃     6,341
5. ウィッシュ    〃     5,556

インサイトの販売台数は、 4月から始まった優遇税制もあったせいか、 前月 ( 4,088台 ) の 2.5倍ほどにもなりました。 ハイブリッド車が販売台数のトップになったのは、 これが初めてだそうです。 今月も インサイトは好調だそうで、 2ヶ月連続でトップかもしれません。

これが来月からは、 新プリウスとトップの取り合いになるのでしょうね。
新プリウス発表日のニュースによると、 すでに 8万台を受注しているという情報があり、 これから注文すると 5ヶ月待ちだとのことですから、 当面は、 1~2万台/月 くらいの販売台数になりそうです。


# 個人的には、 HONDA の 1, 2 のほうが嬉しかったり f(^^;

|

« [プログラム設計事始] 外部設計と内部設計の狭間 | トップページ | インフルエンザの 「完治証明」 として簡易検査 !? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/45076026

この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリッド車が、 新車販売台数のトップを競い合う時代の到来:

« [プログラム設計事始] 外部設計と内部設計の狭間 | トップページ | インフルエンザの 「完治証明」 として簡易検査 !? »