« [わんくま同盟 名古屋勉強会] 第5回 (2008/12/06) の資料 | トップページ | Eee Box に、 さらに Vista バージョンも !? »

2008年12月 8日 (月)

[NEWS] 生命の源・アミノ酸、隕石衝突で簡単に合成…実験で確認

へぇ~、 これはすごい。
高温高圧で有機物が生成されるとは。

‘生命の起源’ 有機分子は隕石の海洋爆撃によって生成した!
- 固体炭素・鉄・水・窒素ガスからの生物有機分子の生成を衝撃実験で証明 -

平成20年12月8日
独立行政法人物質・材料研究機構
東北大学大学院理学研究科

概要
独立行政法人物質・材料研究機構の中沢弘基名誉フェローらは 東北大学大学院理学研究科と共同で、 炭素(固体)・鉄・ニッケル・水・窒素ガスをステンレスカプセルに詰め、 高速の飛翔体を衝突させた後カプセルを回収し、 生成物を分析して、 グリシン*1 (アミノ酸*2)、 各種アミン*3、 同カルボン酸*4 (脂肪酸*5) など生物有機分子*6 および その前駆体の生成を確認した。  この実験は、 初期地球に海が出現した後、 40~38億年前頃に頻繁にあった隕石の海洋爆撃の際の化学反応を模擬したもので、 生命の起源の端緒となる生物有機分子の起源を強く示唆している。

プレスリリースの詳細 (pdf) によれば、 すでに、 似た手法で 2005年にアンモニアの生成に成功しており、 それに基づいて 2006年には生命の起源・地球が書いたシナリオ」 ( 中沢弘基 著 ) として 「有機分子ビッグバン説」 を提唱していたんだそうな。
# ぅ~む… 日経サイエンスが取り上げなかったか、 私が見落としたか…? ( たぶん、 後者f(^^; )

また、 一部報道では 「プラスチック製弾丸を衝突させた」 と伝えられてますが、 前出の詳細によれば、 ステンレス板だそうです。

隕石成分の鉄 (200 mg) および 固体炭素 (30 mg)、 地球側の水 (130 mg) および 窒素ガス (15μmol) を ステンレスカプセル (3 cm × 3 cmの円筒) の空隙中に封入し、 2 mm厚のステンレス板飛翔体を約1km/秒の高速で衝突させ、 カプセルを回収した。 空隙内部は圧力 6 GPa,  温度 5,000~3,000 Kに達したと推定される。

なお、 論文は次から入手できます。

隕石衝突が地球に生命を植えつける手助けをした
Meteorite impacts may have helped spawn life on Earth
Nature Geoscience, 2008年12月08日

|

« [わんくま同盟 名古屋勉強会] 第5回 (2008/12/06) の資料 | トップページ | Eee Box に、 さらに Vista バージョンも !? »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/43358435

この記事へのトラックバック一覧です: [NEWS] 生命の源・アミノ酸、隕石衝突で簡単に合成…実験で確認:

« [わんくま同盟 名古屋勉強会] 第5回 (2008/12/06) の資料 | トップページ | Eee Box に、 さらに Vista バージョンも !? »