« [.NET] Nullable 型の足し算 | トップページ | 開発プロセスは導入するものじゃない »

2008年7月 1日 (火)

taspo はどういうデータを送信するのか?

ちゃんと調べたいと思いつつも、 さっぱり出来なかった taspo ネタ。 ITpro に記事が載っていました。
まず、 申込時に必要となっている顔写真について。

taspo の “成人” 識別の違和感: ITpro

送付した顔写真はいらないのである。 taspo 申し込みで顔写真が必要と知ったとき, 「もしかすると, 自販機にカメラをつけてタバコ購入者の顔と, taspo 上の顔写真を比較して本人確認をするのか」 と思ったが, やはりそれはなかった。

そうなんですよねぇ。 taspo の申込書には、 顔写真の他にも、 なんかけっこう細かいことまで個人情報を書かなきゃいけないような欄があった気がします。 ちらっと見た瞬間、 こんなんイラネ、 と思いましたよ。 f(^^;

そして、 FOMA で通信してる話。

電子マネー機能 「ビデル」 を備え, 自販機でタバコを買うのに使える。 自販機はチャージ, 残高照会機能も持つ。 そのため, 自販機は FOMA を使った無線ネットワークで結んでいる

電子マネー機能を使ってタバコを購入した場合、 誰が何処でどの銘柄を何箱買ったか、 確実に情報が送られていることでしょう。 問題は、 現金で購入した場合でも、 同じ情報を収集することが ( 技術的に ) 可能だということです。 そして、 taspo の申込書には、 そういうことをするとも、 しないとも、 書いてなかったと思います。

|

« [.NET] Nullable 型の足し算 | トップページ | 開発プロセスは導入するものじゃない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/41702661

この記事へのトラックバック一覧です: taspo はどういうデータを送信するのか?:

« [.NET] Nullable 型の足し算 | トップページ | 開発プロセスは導入するものじゃない »