« [.NET] Visual Studio 2008 and .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Beta | トップページ | ime-mode いらね (3) ~ ime-mode が必要な状況は、 やはり無いみたい »

2008年5月22日 (木)

[NEWS] 再生医療、 一気に実用化の道が見えた!?

らばQ より。

2008年05月02日 10:42
驚きの最新治療 ─ パウダーをつけただけで切断した指が完全に生える

切断して消失した男性の指が、爪や神経、さらには指紋まで再生して生えてきたというニュースです。

「2日目につけたときには、すでに元に戻り始めていることに気づきました。毎日少しずつ伸びて完全に元に戻ったのです。大体完全に戻るまでに4週間かかりました。」

現在彼は完全に、指の感覚があり動くそうです。

さていったいこの魔法の粉はいったいどういうものなのでしょう?

この「ピクシー・ダスト」はピッツバーグ大学の研究室から来たもので、そこでは細胞外マトリックス(エキストラ・セルラー・マトリックス)と呼んでいます。

この分野の第一人者であるスティーブ・ベイディラック博士は、過去数年に渡り、豚の膀胱の層になった部分の細胞をこすり落としているそうです。残りの細胞組織は酸に漬けて、その後乾燥させるそうです。

ぇえっ!? これが本当なら、 一気に再生医療が実用化しそうだし。
iPS細胞 (新型万能細胞) から組織を成長させて移植する、 という方向の研究は目的を見失いかねんし。
これはすごいことですよ。

追いかけてみると、 このニュースは、 米国 CBS で今年の 2月に報じられていました。
そのニュースを認め、 さらに補足する形で、 当のピッツバーグ大学の施設からニュースリリースが出ています。

Growing Miracles: McGowan Institute for  Regenerative Medicine Featured on CBS Evening News

指の再生に成功したという話は、 非常に信憑性が高いとみていいと思います。
ちなみに、 実際に指の再生を行ったのは、 2005年のことだといいます。

さらに CBS は、 3月に続報を出しています。 ( この Web ページに、 動画があります。 )

Medicine's Cutting Edge: Re-Growing Organs
The Future Is Here: Regenerative Powder, Ink Jet Heart Cells And Custom-Made Body Parts
March 23, 2008

なお、 この研究には米国防総省の国防高等研究計画庁 (DARPA) からも資金がでているようです。

米国防総省、手足を再生させる研究に多額の補助
2007年5月11日

この補助金のニュースの中に、 示唆に富んだ言葉がありました。

「この地球上には、 損傷した組織を再生できる生物のほうが、 できない生物よりもたくさんいる。 人は自分の視点から、 自分たちは支配者だ、 すべてを知っていると思いがちだ。 しかし、 それは違う。 われわれは失った生体組織を再生する能力を、 副次的なものとして失ってしまった種に属しているのだ」 と、 Georg -Simon 氏は話す。

ところで、 気になるのは。 これで再生した組織の 「年齢」 は、 どうなってるんでしょうね?
ひょっとして若返りにもなってたりする? f(^^;

|

« [.NET] Visual Studio 2008 and .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Beta | トップページ | ime-mode いらね (3) ~ ime-mode が必要な状況は、 やはり無いみたい »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/41286318

この記事へのトラックバック一覧です: [NEWS] 再生医療、 一気に実用化の道が見えた!?:

« [.NET] Visual Studio 2008 and .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Beta | トップページ | ime-mode いらね (3) ~ ime-mode が必要な状況は、 やはり無いみたい »