« [NEWS] 脱落タイヤのボルトすべて折れる 整備不良か構造に問題か | トップページ | [.NET] ASP.NET 動的データ サポート »

2008年4月14日 (月)

[NEWS] Re: プリウスは静かすぎて危険

どっちを取り上げようかどうしようか、 12秒ほど迷って、 タイヤ脱落ネタの方にしたのだけど。 異常感想注意報で取り上げてたので、 お返事 f(^^;

冗談じゃなく、 電気自動車や燃料電池車、 電気だけで走ってるときのハイブリッド車は、 接近してくるのが分かりにくいので、 視覚障害者じゃなくても、 危険です。

ホンダの研究所に居た頃、 もう 20年くらいも昔のことになりますが、 電気自動車とかにも多少の縁がありました。 で、 タイヤが路面を転がる音と微かなモーター音しかしないので、 接近してくるのに気付けないんです。 歩いてるときに、 後方から接近してくるときとか、 見通しのきかない交差点の横方向から接近してくるときとかね。
周囲の騒音がうるさくなければ、 音は聞こえるんだけど。 エンジン車の音を聞いたときの距離感とは、 まったく結びつかなくて、 クルマが近づいて来ているとは認識できないんですね。

ハイブリッドや電気自動車が普及しだしたら、 きっと歩行者や自転車との事故が増えるよね、 と話してた記憶があります。
で、 対策としては…
A. 人間が慣れるのを待つ ( もちろん、 広報とかはするとして )
B. わざと音を出すようにする
…の、 どっちかくらいだろうねぇ、 と。

米国は、 B. 案を採ったわけですね。
人の適応はアテにできんから、 音を出すためにムダなエネルギーを消費するとしても、 そのほうが良いのだ、 と。

# なんだか、 日本で最初の電車 ( 京都電気鉄道 ) の話を思い出してしまった f(^^;

|

« [NEWS] 脱落タイヤのボルトすべて折れる 整備不良か構造に問題か | トップページ | [.NET] ASP.NET 動的データ サポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ではやっぱりオルゴールを。
自分の登場テーマ曲とか選べる様にしたらドライバーも自動車メーカーもJASRACも大喜びですねw

投稿: テオ | 2008年4月14日 (月) 00時05分

> 自分の登場テーマ曲とか
…右から お稲荷様 の OP が、 左からは カイジ の OP が、 そして後ろからは メイドガイ の OP が迫ってくるのですね? (w
※注: 名古屋方面、 この 3番組はカブってます f(^^;

投稿: biac | 2008年4月14日 (月) 00時54分

実際、私は駐車場でひかれそうになりました。

投稿: trapemiya | 2008年4月14日 (月) 17時46分

trapemiya さん、 どもです。

私も何度か轢かれそうな目に… f(^^;
# 自分たちで作ったクルマに轢かれたんじゃシャレにならんw

でも、 慣れてくると、 エンジン車が近付いてきたときと同様に、 体が反応してくれるようになりました。

なので、 道路が静かになる A 案には捨てがたいものがあるのですが、 現実に事故に会う人がいるので B 案にせざるをえないのかなぁ、 って思ってます。

投稿: biac | 2008年4月14日 (月) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/40873508

この記事へのトラックバック一覧です: [NEWS] Re: プリウスは静かすぎて危険:

» re: わざわざ騒音を作る必要があるのか? [R.Tanaka.Ichiro's Blog]
re: わざわざ騒音を作る必要があるのか? [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 15時32分

» ロータスがエンジン音発生装置を開発 [biac の それさえもおそらくは幸せな日々@nifty]
電気自動車や燃料電池車、 電気だけで走ってるときのハイブリッド車の音は、 エンジン車とは音質も違うし音量も小さいので、 接近してくるのに気付かない …ので、 人工的に音を出しちゃえ、 って商品が近いうちに出てくるとは思ってたけど。ロータス・エンジニアリングから、 ってのは正直意外でした f(^^; 2008/8/5 ロ... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 12時55分

« [NEWS] 脱落タイヤのボルトすべて折れる 整備不良か構造に問題か | トップページ | [.NET] ASP.NET 動的データ サポート »