« [ヤッターマン 第3話] キャシャーンがやらねば誰がやる | トップページ | 鉄腕バーディ、 TV アニメ化 »

2008年1月31日 (木)

適法マーク、 付いていないと不正サイト!?

共同通信のニュースから。

正規サイトに適マーク検討   無許諾音楽の転送防止で

文化審議会著作権分科会は30日、著作権者の許諾なしに流通しているインターネット上の音楽や映画のダウンロード防止策として許諾を受けた正規サイトへの適法マーク導入などを検討することを了承した。
 ネット利用者が不正サイトと気付かずにダウンロードするのを避けるのが狙い。
( …中略… )
 分科会の下部機関として協議してきた私的録音録画小委員会が報告。

狙いからすると、 「適法マークが付いていないサイトは不正サイト ( の可能性が高い ) なので、 そこからは音楽や映画をダウンロードするな」 とでも啓蒙するつもりなのでしょうか。

※ 「適法マーク無し = 不正サイト」 と言わないと、 「ネット利用者が不正サイトと気付」 く助けにはなりません。 「マークが無くても適正なサイトがあります」 ということを強調したら、 「じゃぁ、 マーク無しのサイトの中から、 どうすれば不正サイトと気付けるのか?」 となり、 振り出しに戻ってしまいます。

その適法マークの信頼性をどのように担保しつつ、 適正に音楽や映画を流通させている全てのサイトにあまねく適法マークを与える手段は、 どうするつもりなのか、 ぜひとも聞いてみたいものです。

著作権の無い音楽や映画 ( 期限切れのものや、 著作権が放棄されたもの )、 あるいは、 クリエイティブ・コモンズなどのライセンスのもとに流通している音楽や映画は、 どこのサイトであっても流通させることは ( ライセンスに違反しない限り ) 適正です。 世界中のすべてのサイトが、 日本の適正マークを要求することは ( 理屈の上では ) 可能です。 そのように膨大な要求があったとき、 きちんと調べて不正なサイトは排除し、 かつ、 差別のないように適正マークを 「適正に」 発行し、 発行後も適正であることを保証することが可能なんでしょうか。

あるいは。 たとえば、 友人が作詞・作曲・演奏した音楽を、 許可を得て自分のサイトに掲載して流通させるとき。 著作権者の許諾は得ているわけですが、 適正マークはどのように発行されるのでしょうか。 その友人が著作権者である、 ということをどのようにして確認するのでしょうか。 あるいは、 自分自身で制作した映画の場合は、 どうなるのでしょう。
# ハンディカムや携帯電話で録画した動画も、 立派に映画の著作物です。

こう考えてくると、 すべての適正なサイトに、 あまねく適法マークを与えることは、 不可能に思えてきます。

ということは。 これはひょっとして、 特定の著作権者の音楽や映画を扱っているサイト ( おそらくは、 さらに、 特定の販売契約をしたサイト ) についてのみ、 適正マークを与える、 ということなのかもしれません。 また、 適正マークを発行するのも、 特定の団体に権限が与えられる、 ということなのかもしれませんね。

つまり、 私が怒っているのはこういうことです。 特定の著作権者以外が作ったコンテンツを載せていたら ( 適法マークは貰えないので ) 不正サイト扱いされるんかい!?

※ ところで、 1月 30日に 「私的録音録画小委員会が報告」 したとなっていますが、 同日に開かれた文化審議会著作権分科会の最終会合に提出された報告書 ( ITmedia に掲載 ) に、 この話は載っていないようです。 どういうことなんだろう?
 

|

« [ヤッターマン 第3話] キャシャーンがやらねば誰がやる | トップページ | 鉄腕バーディ、 TV アニメ化 »

PC・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/17904274

この記事へのトラックバック一覧です: 適法マーク、 付いていないと不正サイト!?:

« [ヤッターマン 第3話] キャシャーンがやらねば誰がやる | トップページ | 鉄腕バーディ、 TV アニメ化 »