« 発電量変化 2001~2007 | トップページ | [みなみけ 13話] 周回遅れの悲哀 »

2008年1月 4日 (金)

世界の CO2 排出量を 2050年に半分にするということは…

世界全体の CO2 排出量は、 2000年で 229億トンほど。 これを 2050年に、 半分の 115億トン程度にするには…?
2004年の日本は、 一人当たり 9.5トンの CO2 を出しているので、 それを 5トン弱にすればよい?

…それは No! でしょう。
それでは現在の南北格差をそのまま維持する、 ということが前提になってしまいます。
さらに。 2050年には、 いまよりも世界総人口は増えると推定されています。

世界人口の推計値 ( ×100万人 )
2000年    6,057
2050年    9,322

半分の CO2 排出量 ( 115億トン ) を、 世界中の人々で均等に分配するなら…
    115億トン ÷ 93.2億人 = 1.2トン/人
となります。
日本は、 一人当たり 9.5トン → 1.2 トンと、 約 1/8 にしなければなりません。

なんだか絶望的な数字のような気がしてしまいますが…
50年で 1/8 というと、 毎年 4% 程度ずつ削減できればよいのです。 年に 4% なら、 可能に思えてきませんか。

|

« 発電量変化 2001~2007 | トップページ | [みなみけ 13話] 周回遅れの悲哀 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/17577028

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の CO2 排出量を 2050年に半分にするということは…:

« 発電量変化 2001~2007 | トップページ | [みなみけ 13話] 周回遅れの悲哀 »