« 2007年の発電量まとめ | トップページ | 世界の CO2 排出量を 2050年に半分にするということは… »

2008年1月 3日 (木)

発電量変化 2001~2007

年間の発電総量と消費総量の推移グラフ。
2000年の秋からの稼動なので、 年間データは 2001年からです。
Powergeneration20012007a

2003年の消費電力が少ないのは、 冷夏だったからです。 2003年 8月に 592kWh しか使っていません。

※ ちなみに、 名古屋気象台のデータから、 年毎の暑かった日数と、 8月の平均気温。

猛暑日真夏日熱帯夜8月
2001 14 70 22 27.4
2002 21 76 33 28.5
2003 2 51 13 26.9
2004 16 85 23 27.5
2005 18 77 24 28.1
2006 14 65 23 28.5
2007 14 73 30 29.1

 

なお、 一般家庭の消費電力が月 300kWh ( 年 3,600kWh ) 程度と言われるの比べて、 うちの消費電力がはるかに多い理由はいろいろありますが、 動きっぱなしのモーターが多いのも一因になっています。
・ OM ソーラーシステムのハンドリングボックスの送風ファンと、 お湯取り用 / 暖房用の送水ポンプ。 これは、 合わせて月に 50kWh 程度と言われています。
・ トイレに給水するための揚水ポンプ ( 雨水タンクに溜めた水を水洗用に使っています。 )
・ 田舎ではあたりまえですが、 浄化槽の曝気ポンプ
・ 換気用のファン ( 高気密なので、 窓を閉めてるときは常時強制換気が必要。 …なんか本末転倒? f(^^; )

|

« 2007年の発電量まとめ | トップページ | 世界の CO2 排出量を 2050年に半分にするということは… »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/17563844

この記事へのトラックバック一覧です: 発電量変化 2001~2007:

« 2007年の発電量まとめ | トップページ | 世界の CO2 排出量を 2050年に半分にするということは… »