« ビアガーデンなんて何年ぶりだろう f(^^; | トップページ | Re: スカイガールズ・第8話 »

2007年8月25日 (土)

[NEWS] 直径10億光年、 宇宙に巨大な 「穴」

asahi.com より。

直径10億光年、宇宙に巨大な「穴」 米チーム発見
2007年08月25日10時39分

 はるかかなたの宇宙空間に、 銀河や星がいっさい存在しない巨大で空虚な「穴」がぽっかりとあいている可能性が強まった。 米ミネソタ大の研究チームが、 有力天文誌アストロフィジカルジャーナルに近く発表する。

 米国立電波天文台の大型電波望遠鏡VLA(ニューメキシコ州)と、 米航空宇宙局(NASA)のマイクロ波観測衛星のデータを解析。 地球から60億~100億光年のあたりに、 直径が10億光年という途方もなく大きい「穴」があるらしいことがわかった。

 星や銀河、 ガスなどはもちろん、 謎の多い暗黒物質(ダークマター)も存在しないとみられる。 この種の「穴」が宇宙のあちこちに散らばっていることは以前から知られていたが、 今回の「穴」の規模について研究チームは「想定していたものの1000倍にもなる」とAP通信に語った。

Google News の検索結果からは、 8月25日 22時現在で、 このニュースを日本で伝えてるのは、 この asahi.com の記事だけでした。 しかも、 これで全文。

asahi.com は、 頑張って翻訳記事を載せてくれているわけですが、 なんかピント外れなよーな… f(^^;

  • 『銀河や星がいっさい存在しない巨大で空虚な「穴」がぽっかりとあいている可能性が強まった』 …って、 以前から void の存在は確認されてますが… f(^^;
  • 『米ミネソタ大の研究チーム』 …って、 リーダーは誰? 誰だか分かれば、 その人の研究を参照できるのに。 orz
  • 『近く発表する』 …って、 いつごろ? f(^^;
  • 『地球から60億~100億光年のあたりに、』 …えーと、 方角が不明で距離だけでは、 位置が特定できません f(^^;
  • 『この種の「穴」が宇宙のあちこちに散らばっていることは以前から知られていたが、』 …やっぱ、 そーだよね。
  • 『「想定していたものの1000倍にもなる」』 …って、 何の想定? 今回の観測で見つかるだろうと想定してたこと? 1000倍の径? 1億光年くらいの void が、 すでに見つかってなかったっけ? (@@;

…というわけで、 勢い、 大元のニュースリリースを探すことになります。

August 23, 2007
Astronomers Find Enormous Hole in the Universe

 

ところで、 海外での報道はどうでしょうか?
Google News で "space void" と入れると、 この void のニュースが先頭に出てきます。 (8月25日 22時 20分現在)
http://news.google.co.jp/news?hl=en&ned=us&ncl=1119793562&scoring=d
重複も出させると 308件ヒットしました。

その中で、 例えば、 ナショナルジオグラフィック。

Gaping "Hole" in the Sky Found, Experts Say
Mason Inman
for National Geographic News
August 24, 2007

But at much larger scales, about 150 million light-years and beyond, researchers had expected the universe would be more uniform — so finding a void nearly a billion light-years across was a shock.

1.5億光年より大きなスケールでは、宇宙はもっと均質だと考えられていたので、 10億光年に及ぶような void の発見はショックだった …なるほど。

said study lead author Lawrence Rudnick of the University of Minnesota in Minneapolis.

ミネソタ大学ミネアポリス校舎の Lawrence Rudnick 先生ね。 (肩書きは不明)

their findings in a paper accepted for publication in the Astrophysical Journal.

論文はアストロフィジカルジャーナルに受理されてるのね。 ってことは、 何時出るかは、 あとはアストロフィジカルジャーナル次第、 と。

"For this surprising finding to be taken seriously, more objects of comparable size should be found, something that is certainly not to be expected according to the standard model [of cosmology]," said Pablo Fosalba of the Autonomous University of Barcelona in Spain.

ちゃんと反論も出てるのね。 そのサイズの void が本当なら、 それと同等のサイズの構造が他にも見つかるはずだ、 と。 なるほど、 そりゃそうだ。

the spot is an empty hole that is devoid of both regular and dark matter

マイクロウェーブの観測からダークマターの穴が、 電波望遠鏡の観測から通常物質の穴が、 同じ場所に見つかった …のだけれど。 予備知識がないと、 "both regular and dark matter" ってのは唐突に感じるだろうなぁ。

その場所がどこなのかは、 ちょっと見当たらないようです。

 

では、 もひとつ、 BBC を…

Great 'cosmic nothingness' found
Last Updated: Friday, 24 August 2007, 18:14 GMT 19:14 UK

The "hole" is located in the direction of the Eridanus constellation

エリダヌス座の方角ですか~。 これで、 位置と距離がだいたい分かったので、 だいたいの場所が特定できました。 f(^^;

about 1,000 times the volume of what would be expected in typical cosmic gaps.

典型的な void で予想される体積の 1000倍 …なんだ、 体積比較なのか。 径では 10倍じゃんf(^^;
ジオグラフィックのほうに出てた 「1.5億光年より大きなスケール」 ってのとも、 合いますね。

observations of the CMB made by Nasa's Wilkinson Microwave Anisotopy Probe show a particular "cold spot" in the direction of the newly identified void.
The explanation for this may lie in the enigmatic "dark energy"

この前後の説明と合わせて、 宇宙背景放射 (CMB) の 「コールドスポット」 がダークマターの穴に当たるようです。
通常物質の穴のほうは、 電波望遠鏡 the US National Radio Astronomy Observatory's VLA Sky Survey (NVSS) の観測結果から導いたようですが、 この記事からは読み取れないかも。 f(^^;

 

どちらの記事も、 ちょっとずつ不満はありますが、 asahi.com は比べ物になりません。
しかも、 日本で Web 上の記事にしてくれたのは (今のところ知る限りでは) asahi.com だけです。

日本では科学嫌いが増えているというけど、 じつは食わず嫌い …というか、 「食わせてないので好き嫌い不明」、 だったりして。

|

« ビアガーデンなんて何年ぶりだろう f(^^; | トップページ | Re: スカイガールズ・第8話 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/16238562

この記事へのトラックバック一覧です: [NEWS] 直径10億光年、 宇宙に巨大な 「穴」:

« ビアガーデンなんて何年ぶりだろう f(^^; | トップページ | Re: スカイガールズ・第8話 »