« MSF でゴー | トップページ | Re: なんとか2.0と言ったら負けかな »

2007年4月24日 (火)

MSF v4 の要件定義

…の基本は、 ペルソナ/シナリオ法。

Microsoft Solutions Framework v.4 では、 要件定義にあたる部分の基本を ペルソナ/シナリオ法 に置いてます。 で、 必要ならば、 画面定義とか帳票定義とかは、 ペルソナ/シナリオに基づいて作れ、 という感じです。
# ちなみに。 ペルソナ/シナリオ法って言いにくいんで、 勝手に 「キャラ/脚本法」 と呼び習わしてたりします f(^^;

ペルソナ/シナリオ法は、 MSF Agile の文脈で語られることが多いのです。 ( 私もそんなふうに紹介してきましたし、 石坂忠広氏の詳しい解説もそうです。)
が。 MSF CMMI も MSF Agile と同じで、 「製品ビジョンのキャプチャ」 ワークストリームの中でペルソナ定義を行い、 「シナリオの作成」 ワークストリームへと続きます。

|

« MSF でゴー | トップページ | Re: なんとか2.0と言ったら負けかな »

プログラミング」カテゴリの記事

-プログラミング ( 開発プロセス )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/14830123

この記事へのトラックバック一覧です: MSF v4 の要件定義:

« MSF でゴー | トップページ | Re: なんとか2.0と言ったら負けかな »