« [メモ] 神武の故郷は筑紫であってはならなかった | トップページ | 現在のテンプレート »

2006年5月20日 (土)

真脇の巨木柱列は 「灯台」 ではなかった

真脇遺跡の巨木柱列 (正確には列というよりサークル) は、 「灯台」 ではないかと、 ひそかに考えていました。 ( もっとも、 夜には役に立たなかったでしょうけれど。 )

この 5月連休に能登に旅行したとき、 真脇遺跡に寄る機会がありました。 やはり歴史は足にて知るものなり、 です。 実際に遺跡の場所に立ってみると、 そこから海は見えました。 しかし、 http://noto.town.noto.ishikawa.jp/iseki/gaiyou/gaiyou.html に 「三方が山で囲まれています」 と書いてある通りで、 真脇の入り江に回り込んでこないととても見えそうもない場所でした。

ということで、 ひそかに考えていた 「真脇の巨木柱列は 『灯台』 である」 という仮説は間違っていたという結論になりました。 f(^^;

 


200605mawaki01a

遺跡から撮影した写真を添付しておきます。 中央付近やや右の、 円形に盛り土のしてあるあたりが、 ウッドサークルの出土地のようです。 なお、 ウッドサークル出土地あたりからだと、 線路の盛り土が邪魔で海はほとんど見えません。

 

初出: 2006年05月20日
http://akari.kabe.co.jp/magsite/Content.modf?id=20060520230721

|

« [メモ] 神武の故郷は筑紫であってはならなかった | トップページ | 現在のテンプレート »

古代史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/40058044

この記事へのトラックバック一覧です: 真脇の巨木柱列は 「灯台」 ではなかった:

« [メモ] 神武の故郷は筑紫であってはならなかった | トップページ | 現在のテンプレート »