« 日韓歴史共同研究報告書: 好太王碑: 臣民にしたのは誰か? | トップページ | 倭≠大和 »

2005年8月 8日 (月)

弥生時代、全国で絹の服を着ていたわけではない

国立科学博物館にて 『特別展 「縄文 VS 弥生」』 というのをやっているそうです。 → 国立科学博物館国立歴史民俗博物館, 読売新聞社

見に行っていないので、 実際にどのような展示・解説がなされているかはわかりませんが、 NHK で紹介された内容が気になったので、 書いておきます。

NHK の放映では、 「弥生時代の服は、 絹で出来たものもありました」 というような紹介のされ方をしていたように記憶しています。 これを 「弥生時代の人は…」 と受け取った方は居ないだろうと思います。 おそらくは 「弥生時代の偉い人の中には、 絹で作った服を着ていた人もいた」 くらいに理解されただろうと思います。

ところで、 NHK ではとくに注釈を付けていませんでしたから、 多くの人は 「日本列島中の弥生時代の偉い人は…」 と受け止めたのではないでしょうか。 しかし、 これは出土事実に反します。 絹製品が出土した弥生時代の遺跡は、 いまのところ九州北部にしか無いのです。 → 絹のデータベース (邪馬台国の会), ( 詳しくは、 布目順郎著「倭人の絹」を参照。 )

出土しているモノに照らして考えるならば、 絹製品は 弥生時代:九州北部 → 古墳時代:中国・近畿地方へ伝播 したことになるでしょう。 弥生時代にあっても、 日本列島の中での地域格差はあったのです。 すなわち、 「弥生時代、 九州北部の偉い人の中には、 絹で作った服を着ていた人もいた」 というのが、 おそらくは正確な表現でしょう。

 

初出: 2005年08月08日
http://akari.kabe.co.jp/magsite/Content.modf?id=20050808133328

|

« 日韓歴史共同研究報告書: 好太王碑: 臣民にしたのは誰か? | トップページ | 倭≠大和 »

古代史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/40057160

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生時代、全国で絹の服を着ていたわけではない:

« 日韓歴史共同研究報告書: 好太王碑: 臣民にしたのは誰か? | トップページ | 倭≠大和 »