« 日韓歴史共同研究報告書 | トップページ | 弥生時代、全国で絹の服を着ていたわけではない »

2005年6月12日 (日)

日韓歴史共同研究報告書: 好太王碑: 臣民にしたのは誰か?

日韓の古代史を考える史料として最大のものは、4~5世紀のことを記した高句麗の広開土境好太王碑でしょう。 「日韓歴史共同研究」でも、大きく取り上げられています。 その中でもっともホットな議論は、永楽5年項の中の辛卯年記事です。

まず、石碑に刻まれたその部分を掲載しておきます。 これは永楽5年項の末尾にあたります。
※ ここで [] 付きの文字は、読みにくくなってしまっていて人によって判読にブレのあるもの。 また、□は、読めなくなってしまっている文字です。 なお、新字体に直してあります。

百残新羅旧是属民由来朝貢而倭以辛卯年来渡[海]破百残□□新羅以為臣民

※ 「百残」は、「百済」のことをおとしめて書いている (卑字) と思われる。

この石碑は、高句麗の王様の死後に、主にその功績を称えるために作られたものです。 ですから、主語無しに「百残新羅旧是属民」 (百済と新羅は、もとは属民であった) とあるとき、どこに属していたのかといえば「高句麗の属民であった」ことになります。 また、問題の一文は「永楽5年」で始まる段落に書いてありますから、永楽5年 (西暦395年) に王が行った事績を称えたものであるはずです。

高句麗中心に書かれているのですから、前のほうに出てくる「朝貢」も、朝貢先は書かれていませんが当然高句麗です。 「朝貢」までを訳せば、「百済と新羅は、もとは属民であったので、高句麗に朝貢してきていた」となるでしょう。 ここの解釈には、日韓で相違はありません。

解釈が分かれるのは、「而倭以来辛卯年」からです。 まず、明治以来の日本側の解釈は、おおむね次のようです。

「辛卯年(391年)に、倭が海を渡ってやってきて、百済・□□・新羅を破って、倭の臣民にしてしまった」

しかし、好太王の功績を称えているはずの碑文としては、ヘンでしょう。 永楽5年 (395年) の治績として、過去の辛卯年 (391年) にあった他国の侵略記事を載せるとは。 (もちろん、他の年次には、そんな記事はありません。)

そこで、朝鮮半島の学者からは、以前から異論が出されてきました。

(渡海破について)

1966 朴時亨 「広開土王陵碑」
倭が辛卯年に侵入してきたために、わが高句麗は海を越えて彼らを撃破した

(為臣民について)

1972 金錫亨 日本での座談会での発言 (毎日新聞 10/6)
百済・新羅を、高句麗は臣民とした

いずれも、この碑文の主語が高句麗好太王であることは替えられないので、主語が書いてない行動 (「破」る、(臣民)と「為」す) は高句麗好太王のものだとするわけです。 また、碑文中に出現する「民」という字は、高句麗の配下に限って使われているという指摘もされています。

さて。 今回の共同研究の論文でも、金泰植氏の 「4世紀の韓日関係史 -広開土王陵碑文の倭軍問題を中心に-」で、 『碑文に現れる「民」の概念には、もっぱら高句麗の民があるのみ』と、 同様の主張がされています。

それに対して、日本側からは 『ここの「臣民」だけは、碑文の他の箇所と異なり ~ という理由によって高句麗のものではないと解釈できる』 といった反論がされた形跡がありません。 今回の濱田耕策氏の論文 「4世紀の日韓関係」 でも、 『百済 (あるいは新羅も) が倭の「臣民」となったと、高句麗が認識した』 ことについていろいろと記述していますが、 「なぜここの民だけは高句麗の民ではなく他国の民だと解釈してよいのか」 については、 議論している形跡がありません。

また、濱田氏はなんら反論しないまま、あたかも異論など無かったように『倭が朝鮮半島に「渡海」し』たと書いています。

けっきょく、この半世紀に渡って朝鮮半島の学者から出されてきた異論・疑義の根幹になんら答えることなく、「共同研究」は終わってしまったようです。

では、 私の考えは…

ところで、永楽5年 (395年) の好太王の功績はなんだったのでしょう。 その年の項の末尾は「為臣民」で終わっています。 それは、「百済と新羅は、以前は属民であった。 (中略) (永楽5年に好太王は) 臣民とした。」という、「属民」から「臣民」への変更です。 残念ながら私には「属民」と「臣民」の違いは分かりませんが、「復為属民」(またもとどおり属民とした) などとせずに「為臣民」と書き分けているからには、なんらかの待遇の変化などがあったはずです。 これが、永楽5年 (395年) の項の後半における、好太王の外交上の業績だということなのでしょう。

また、 属民 - 臣民の間には軍事上の功績が述べられています。 「而倭以辛卯年来渡海破」 (しかるに、倭が辛卯年 (391年) より来ていた。 永楽5年 (395年)、好太王は海を渡って破った) と。 ここで注意しないといけないのは、どこに来ていたとか、なにをしに来ていたとかが書かれていないことです。 これは、高句麗好太王を称えるための碑文であることから考えれば、逆に高句麗あるいは好太王にとって不名誉なことだったのでボカして書いたのでしょう。 そこで、「来て」いたことに対して好太王はどうしたか、ということから逆に推測することになります。 好太王は海を渡って「百残□□新羅」を破ったのですから、倭は「百残□□新羅」に (高句麗から見れば) 侵略しに来ていたのですね。

なお、「渡海破」と「為臣民」が辛卯年(391)ではなく永楽5年(395)であるとする説は、「失われた九州王朝」(古田武彦著, 1973年) に出ています。 (この説について、今回の両論文ではまったく触れていないようです。)

最後に、私なりの釈文をもう一度まとめて掲載しておきます。

百残新羅 旧是属民 由来朝貢
而倭以辛卯年来
渡[海]破百残□□新羅 以為臣民

百済と新羅は、もともとは高句麗の属民である。 よって朝貢しに来ていた。
しかるに、辛卯年 (391年) より倭が来た。 (百済と新羅は倭に侵略され、朝貢しに来なくなった。)
永楽5年 (395年)、好太王は海を渡って、(倭の配下となった)百済と□□と新羅を破り、高句麗の臣民とした。 (あるいは、「破百残□□新羅」は「百済を破りさらに新羅を討ち」といった文章かもしれません。)

追記: 百済□□新羅

(2005/06/26 追記) 「百済□□新羅」の欠字 2文字について。

この 2文字は、 現在では完全に失われており、 拓本としても残っていないようです。 しかし、 王 健群 著 「好太王碑の研究」 (ISBN:4841830006, 1984/12) には、 初均徳という拓工のメモが載せられており、 それには 1文字目は 「東」 とあったそうです。

これだけでは、 「東」 であると断言できません。 できませんが、 それでももし仮に 「東」 であったとすると、 「海を渡って百済を破り、 (百済から) 東へ行き新羅を (討ち)」 というような文だったことになりましょう。

追記: 正確な名前

好太王の碑文に彫られた正確な名前は 「國岡上廣開土境平安好太王」 (国岡上広開土境平安好太王) です。 (Google で、 このページが見つからなくてあせった f(^^; )

長いので、 みんな適当に省略して表記しているわけです。 「好太王」 とか 「広開土境王」 (土境=国境 を 広開=広げた 王)  とか。 「境」まで省略しちゃって 「広開土王」 (土地を広げた王) とするのは、 なんか埋め立て事業をやった王様みたいで、 省略しすぎではと思いますが、 学会では多用しているようです。

 

初出: 2006年06月12日
http://akari.kabe.co.jp/magsite/Content.modf?id=20050612221921

|

« 日韓歴史共同研究報告書 | トップページ | 弥生時代、全国で絹の服を着ていたわけではない »

古代史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/40056976

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓歴史共同研究報告書: 好太王碑: 臣民にしたのは誰か?:

« 日韓歴史共同研究報告書 | トップページ | 弥生時代、全国で絹の服を着ていたわけではない »