« 2004年3月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の2件の記事

2004年6月 6日 (日)

1996年にはデータが公表されていた --- 弥生時代の始まりは紀元前10世紀

昨年末、 マスコミが大々的に報じて有名になった「弥生時代の始まりは紀元前10世紀」説ですが、 同様な C14年代測定法 (AMS年代測定法は、その一つ) によるデータは、 遅くとも 1996年には公表されていたそうです。

埋蔵文化財研究会が 1996年8月に高槻現代劇場で開催した「考古学と実年代」と題する研究集会にて、 報告されたデータに含まれていたとのことです。 このとき、 発表要旨集と資料集が配布されたそうで、 その資料集に載っていたデータの一部が、 <Amazon> 太宰府は日本の首都だった ― 理化学と「証言」が明かす古代史『太宰府は日本の首都だった ― 理化学と「証言」が明かす古代史』 (内倉 武久著) という本に引用されています。 孫引きになりますが、 さらにその一部をここにも引用しておきます。

遺跡 研究者推定 14C測定値
菜畑遺跡 (佐賀県唐津市)
・植物遺体 弥生前期初 (夜臼、板付1) 前1010±90年
・植物遺体 縄文晩期末 (夜臼単純) 前1280±100年

 

初出: 2004年06月06日
http://akari.kabe.co.jp/magsite/Content.modf?id=20040606143746

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 4日 (金)

[本] 弥生時代の実年代 ― 炭素14年代をめぐって

<Amazon> 弥生時代の実年代 ― 炭素14年代をめぐって 弥生時代の実年代 ― 炭素14年代をめぐって (春成 秀爾・今村 峯雄【編】)

昨年、 加速器質量分析法 (AMS) によって、 弥生時代の始まりは紀元前10世紀頃だったことが検証されました。 (→ 弥生時代、始まりは紀元前10世紀 )
この本は、 その年代測定に関する論文集です。

以下、 紀伊國屋書店 BOOK/WEB から引用。

弥生時代の実年代 ― 炭素14年代をめぐって

「弥生時代」は五〇〇年も古かった? 学界に衝撃を与えた炭素14年代測定と年輪年代による弥生時代の実年代論のすべてを収録。

1 弥生時代の実年代 (韓国・九州・四国の実年代; 近畿・中国の実年代 ほか)
2 炭素14年代測定の現状 (AMSによる炭素14年代法; 年輪と炭素14年代 ほか)
3 炭素14年代をめぐる議論 (研究史と展望; 「2つの事件」と近畿 ほか)
4 東アジアの実年代 (東アジアの動静からみた弥生時代の開始年代; 東北式銅剣の成立と朝鮮半島への伝播 ほか)
5 今後の課題 (世界レベルの年代研究へ; 弥生時代の実年代―過去・現在・将来)
付録 用語解説

なお、 編者の春成氏・今村氏は、 Web にも書いておられます。 このあたりが代表的なところでしょうか。
2003.7.25. 歴博特別講演会配布資料 弥生時代の開始年代 - AMS 年代測定法の現状と可能性 -
※ 末尾の用語解説が、 ありがたいです。

 

初出: 2004年06月04日
http://akari.kabe.co.jp/magsite/Content.modf?id=20040604233757

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年7月 »