« .NET Framework プログラミングの特徴 | トップページ | [メモ] 14C資料@名古屋大学年代測定総合研究センター »

2003年11月30日 (日)

日本古代史入門

私は学校では、 歴史なんて大嫌いで、 工学部に行った人間です。
なぜか、 30歳過ぎてから、日本の古代史にハマリました。 といっても、 いまだにド素人なので、 「下手の横好き」です。 (笑)

さて、 日本の古代史を語ろうとする人には、 避けて通れない一冊があります。
古田武彦氏の 「『邪馬台国』はなかった」 という、 もう30年以上も前に出版された本です。 この本で、 「邪馬台国」の場所は、 九州北部だと論証されました。
そうではなく、 三国志の魏志倭人伝に書かれている邪馬壱国は、 九州北部以外に存在していたのだ、 と主張したい人は、 この本を論理的に論破しなければなりません。

なお、 この本は、 いまでも文庫で入手可能です。

 

初出: 2003年11月30日
http://akari.kabe.co.jp/magsite/Content.modf?id=20031130235452

|

« .NET Framework プログラミングの特徴 | トップページ | [メモ] 14C資料@名古屋大学年代測定総合研究センター »

古代史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/40044434

この記事へのトラックバック一覧です: 日本古代史入門:

« .NET Framework プログラミングの特徴 | トップページ | [メモ] 14C資料@名古屋大学年代測定総合研究センター »