« この3ヶ月ほどのきゃぷちゃ | トップページ | [電波女と青春男 第1話] 迷走タクシー »

2011年4月29日 (金)

[電波女と青春男 第1話 宇宙人の都会] まさか名古屋が聖地になることがあろうとわ! w

※ 最初にグチっとくぞ~w 第1話が聖地名古屋で放映されたのは 4月 29日です。 2周回遅れ… orz

Denpagirl01_12

コレ↑が電波女エリオちゃん (CV: リズリット 大亀あすか)。
いや~、 タイトルで引くよね、 ふつ~w

twitter の公式アカウントとハッシュタグはどっちも denpa_girl らしい。 「電波女」 と 「電波少女」 じゃ、 魔女と魔法少女くらい違うw

…って。 へっ!? (゜Д゜;)
Denpagirl01_07
どこかで見た、 ような…
こりゃ名古屋駅、 高島屋の巨大エスカレーター金の時計?

Denpagirl01_08
そして名古屋駅東側のロータリー。 駅前にこんなヘンなトンガリ帽子がある所は、 ほかにあるまい。 f(^^;
※ しかし昼間でこんなにクルマが少ないことは、 ありえん! 戒厳令でも出てるのか? w

てことで、 名古屋確定!

って、 オイ!!
Denpagirl01_09
「ようこそ 宇宙人の見守る町へ」 「名子矢」 かよ~w

すでに聖地巡礼を済ませて、 ブログに写真をアップしてる人がちらほらと。
⇒ 白帯の内側までお下がりください。: 「電波女と青春男」の舞台が地元名古屋だったw (2011/4/24)
※ 記事最後の写真、 矢場ブリッジの下をくぐって写真奥の右手に 矢場とん …って映ってないけどw その先は大須

名古屋駅の東口 (トンガリ帽子) から東へ進んで、 矢場ブリッジの下をくぐって南下。 熱田神宮の方向へ向かってる …かと思いきや、 いきなり 「ようこそ 宇宙人の見守る町へ」!!
なんだよ、 その国道 79号って!? そんな番号の国道は、 日本には無い!

まぁ、 県道 79号ならあります。 名古屋駅の北西にある名古屋競輪場の前を西へ。 庄内川を渡った先が県道 79号になって、 津島神社の北のほうまで抜ける道です。 矢場ブリッジとは反対方向w

さて中身は 2話以降に期待、 ってことで。 あたらめて見直してみると…

オープニング
Denpagirl01_op01
バックに名古屋のテレビ塔。 この夏に TV 電波は止まっちゃうけど。

原作者は岐阜県の出身らしい。
ということで、 主人公の最初の旅程は、 高山本線に乗って岐阜市まで。
Denpagirl01_01
切符は 350円だったけど、 実際には JR 岐阜駅から 350円という区間は無いらしい

岐阜駅でホームの反対側に止まってる JR 東海道本線に乗り継ぎ。
Denpagirl01_02
画面奥のほうに踏切が見えるけど、 岐阜駅は本当は高架だから f(^^;

駅名表示板にも 「岐阜」 の前半 「GIF」 が見える。
Denpagirl01_03
でも、 隣の駅は穂積じゃないから。 無いことにされた西岐阜駅の利用者は怒っていいよw

実際の岐阜駅と高山本線の列車の写真は、 このへんとかをどうぞ。
⇒ つるさんの鉄ブロ温泉: 岐阜駅で高山本線ローカルを撮る 10月3日(金) (2008/10/3)

東海道本線の電車に乗り込むと…
Denpagirl01_04
窓の外、 左下に名鉄の看板が見える。 (赤と緑のつながったライン)

そして、 名古屋に向かう車窓から。
Denpagirl01_05
遠くに見える雪をかぶった山は、 伊吹山でしょう。 ただし、 こんな手前に山が迫ってる風景は、 岐阜 - 名古屋間には無いんじゃないかな。 名神高速でありそうな光景、 ってゆーか見たような希ガスw

トンネルを抜けると…
Denpagirl01_06
そこは海(?)だった!
さすがにフィクション。 岐阜 - 名古屋間の東海道本線にトンネルは無かったはずだし。
ともあれ、 この後、 冒頭に紹介した名古屋駅のシーンに続くわけですな。

もうひとつ出てきた、 名古屋っぽい風景。
Denpagirl01_11
静止画じゃわかりにくいけど、 左端から右端まで横切って伸びている光の帯は、 走っているクルマのライト。 右側の、 そのクルマの光跡を跨いでいる橋は、 よく見ると斜めに張られたワイヤーで吊り下げられているのが分かります。 高いビルがたくさん建っていることと合わせると、 右側の橋は、 テレビ塔のすぐ北にある久屋大通公園セントラルブリッジでしょう。 手前にちょっとした池は作ってありますが、 こんな広大な水面は無いです。

あと、 主人公が暮らすことになった叔母さんの家。
Denpagirl01_10
このごろ、 引き戸の玄関が復権しつつあるらしい。 それはともかく、 外壁が木板張りなんて酔狂なところ (日本では外壁を耐火サイディング材などで覆わないと建築許可が下りない。 木板張りにするには、その上からさらに板を張る。) とか、 表札もポストも無いとか、 どっかのモデルハウスだと思うんだけどな~。 ちょっとぐぐったくらいでは、 見つからなかった f(^^;

そうそう。
何十台分ものだだっ広い駐車場のあるコンビニ。 名古屋市内にはいくつもあるからね。
たとえば、 ココ
Denpagirl01_street05
20台分くらいの駐車場を持ってる 7-11。 名古屋駅から直線距離で 5km くらいのとこにあります。

|

« この3ヶ月ほどのきゃぷちゃ | トップページ | [電波女と青春男 第1話] 迷走タクシー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

*その他のアニメ」カテゴリの記事

コメント

駅が出た時、たった1回だけ行った名古屋の印象が浮かび上がったので「あ!名古屋だ!」と思いました。あの広大な水面はやっぱりちょっと違うんですね。あの風景は名古屋じゃないんじゃ、と思って見てました。

投稿: テオ | 2011年4月29日 (金) 20時59分

> 駅が出た時、たった1回だけ行った名古屋の印象が浮かび上がったので「あ!名古屋だ!」と思いました。

1回だけで!
やぱしトンガリ帽子の威力は絶大だなぁw

広大な水面は市内にいくつもあるけど、 私の知ってる限りビル群に接してるところは無いですねぇ。

聖地が良く知った場所だと、 風景の繋がりとかが気になっちゃうもんだということが、 分かりました。 てことで、 次の記事では、 タクシーの迷走ルートを暴いてみたりしたのだったw

投稿: biac | 2011年4月30日 (土) 22時33分

反対側に止まっているのは特急 ワイドビュー飛騨じゃないですかね?

ちなみに、西岐阜が飛んでいる理由は、モデルとなったのが昔の岐阜駅の為です。
つまり、西岐阜駅ができる前をモデルにしています。
なので、駅名の表示板も国鉄時代のモノとなっています。
他の方のサイトですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/nagara2033556kinka/31944274.html
こちらに西岐阜ができる前の表示板の写真があります。

投稿: | 2011年5月17日 (火) 18時15分

名前を入力するのを忘れていました(汗
追記ですが、高架じゃないのもあくまで昔の岐阜駅がモデルだからです。

投稿: jbkqb324(ブーン) | 2011年5月17日 (火) 18時19分

jbkqb324(ブーン) さん、
貴重な情報ありがとうございます。

なるほど、 西岐阜駅ができたのは1986年でしたか。
ついでに調べてみたら、 高架の JR 岐阜駅が開業したのは平成9(1997)年3月2日だったようですね。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kendo/tokei-tochi/gairo/tetsudo-koka/tetudou-kouka.html

ところで、 名古屋JR高島屋がオープンしたのは 2000年3月だったようです。
岐阜から名古屋まで JR に乗ってる間に、 14年ほど経過したことにw

投稿: biac | 2011年5月18日 (水) 07時43分

地元だよ~、どこかでここ名古屋ジャネって思った!まさか本当に名古屋だと思わなかったけど・・・、今は、ものすごく嬉しい!こんな身近に感じる事ができるなんて最高!
宇宙人よ、私をユウフォーに連れ去って、宇宙人なして!

投稿: 脳みそ電波 | 2011年5月18日 (水) 23時03分

それなりに大きな都市であるにも関わらず
これといったアニメの舞台に採用されてこなかった
名古屋が・・・(泣

立川(とある魔術)とか千葉(俺妹)のモノレールみたいにLinimoも本編に影響ない範囲で出たりしたら
うれしいかなっと。

なんといっても国内で営業運転してる唯一の
リニア(非超電導)ですから

投稿: eiju | 2011年5月22日 (日) 15時53分

川沿いの風景は堀川沿いの熱田公園周辺ではないかと思います!橋の形が似ていますし。ビルはもったんではないでしょうか?w
それか、同じ堀川沿いを上流に上がっていった柳橋周辺のビルの背景をあわせたように感じます。

投稿: t | 2011年6月10日 (金) 16時26分

> 川沿いの風景は堀川沿いの熱田公園周辺ではないかと思います!

ぉお! なるほど!! (^^)
http://tinyurl.com/3zlxnk9 (ぐぐる様ストリートビュー 熱田公園西側)
ここの方が似てますね、 ありがとうございます。

投稿: biac | 2011年6月10日 (金) 21時13分

>biacさん

9話に出てくる川を上から見た図もなんとなくそのあたりの地域と被っているように思います。川を隔てて都会、商店街ではないですが。でも、一応錆びれた商店街が東側にあり、西側は割とにぎわっています。球場も熱田公園にありますしね。また、名古屋を一望している風景のカットも出てきますが、こちらは名東区、長久手方面からしか見えない風景ですね。

ちなみに、8話で主人公が空の音が何とかという会話の中で実家が自衛隊の基地の近くと話していましたが、入間さんの出身地岐阜の各務ヶ原には有名な航空自衛隊の基地がありますよ。

長々とすみません。ガッツリ地元なのでテンションあがりますw

投稿: t | 2011年6月11日 (土) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209349/51527270

この記事へのトラックバック一覧です: [電波女と青春男 第1話 宇宙人の都会] まさか名古屋が聖地になることがあろうとわ! w:

» [電波女と青春男 第1話] 迷走タクシー [biac の それさえもおそらくは幸せな日々#アニメ・コミック]
この作品で名古屋が聖地になってびっくりしてみたわけだけど。 第1話でのタクシーのルートが、 どうにも腑に落ちない。 てことで、 真面目に地図とニラメッコしちゃいましたよw連休だからって、 ナニやってんだかwww まぁ、 最後、 「名子矢」 に入る国道 79号ってのはありえないから、 そこはいいとして。 その前、 若宮大... [続きを読む]

受信: 2011年6月 2日 (木) 16時28分

» [電波女と青春男 第5話 サンクスギビングの憂鬱] 名古屋駅西口 [biac の それさえもおそらくは幸せな日々#アニメ・コミック]
聖地探訪 …って、ぐぐるさまマップで一発w 名古屋駅の西側、太閤通口付近ね。二本並んでる長いのは新幹線ホーム。 [続きを読む]

受信: 2011年6月 2日 (木) 16時29分

« この3ヶ月ほどのきゃぷちゃ | トップページ | [電波女と青春男 第1話] 迷走タクシー »