« 消費税や法人税を欧米並みに!? 都合のいいデータだけつまみ喰いしてんじゃないよ! | トップページ | 「こえでおしごと!」今冬、アニメ化! 公式サイトオープン »

2010年6月22日 (火)

[2010 都条例問題] 参院選では、表現規制に反対してくれる人を応援しようじゃないか

24日に公示される参院選。
公示後は立候補者を応援する記事を書いたりすると公選法違反に問われかねない、 ということなので、 急いで今日書いておくことにしました。
※ 公示後も、 けなす記事は (特定の場合を除き) OK なんだそうだ。 なんなんだか… (--;

先週書いたように、 非実在青少年を規制しようとした都条例案は否決されました。 しかし都は、 9月か 12月の都議会に再び提出することを狙っているようです。 また、 大阪や京都など他府県の動きが止まったわけでもありません。

この動きを変えていくには、
表現規制に反対してくれる人を政治の場に送り込む
ことが一番です。

聞くところによると、 都議会では賛成派都議が反対派都議に対して 「反対する奴等は選挙に来やしない連中だ と言ったとか。
これはもう、 アニメやコミックを愛する人たち、 さらには表現の規制は暗黒の始まりだと気付いている人々が、 票の投じ方で示す時です。 まずは来月の参議院選挙があります。 表現規制に反対してくれる人に、 一票を投じようじゃありませんか。

そしてできれば、 表現の自由を推してくれるだけでなく。
今問題になっている、 子どもと創作物との関係。 子どもの親・保護者の願いや、 当の子どもたちの意思などと、 自由な創作活動とが上手く折り合っていける社会はどうあるべきか。 それを表現規制という 「暴力」 によらずに解決していく道を考えてくれる人であれば、 なお良いでしょう。

 

☆ ☆ ☆

山口弁護士が、 児ポ法と都条例に対する各党の態度をまとめてくださってます。 投票の参考になるかと思います。
⇒ 弁護士山口貴士大いに語る: 『表現規制反対』というワンテーマに絞った投票参考資料

 

livedoor ニュースの立候補者意識調査: 「アニメ・漫画に登場する18歳未満の登場人物も規制対象とすることに
■賛成:29
■反対:78
■どちらともいえない・未回答:331

 

☆ ☆ ☆

私は、ひさしぶりに参院選の投票へ行こうと思います。
そして比例代表には、 保坂のぶと (保坂展人) に一票投じてきます。

保坂のぶと公式サイト保坂のぶと応援団@萌

保坂のぶと氏は、 どんな人か?
まず経歴を見てください。 これほど教育現場を見てきたジャーナリストは、 他にどれほどいるでしょう。 氏がこれまでに書かれた本にも、 子どもたちを見つめてきたものが多いです。 ですが、 というよりも、 子どもたちの未来を本当に思うからこそでしょう、 表現規制にも反対しています。 次に引用するのは、 氏のブログ 「保坂展人のどこどこ日記」 の 「これを聞きたかった!保坂のぶとさんに20の質問 [政策問答] 」 (2010/06/21) から。 (強調筆者)

12、 表現規制

―― 保坂さんは 「児童ポルノ単純所持規制」 に反対していることでよく知られています。 なぜ反対なのでしょう?

 私はこれまで、 子どもの人権を守るために積極的に活動してきました。 当然 「児童ポルノ」 の被写体として人権侵害されている子どもたちを放置できないという立場です。

 その私が「児童ポルノ規制反対」というので、 首をかしげる人もいる。 でも、 昨今の規制論は、 児童ポルノとはなにかという議論もせず、 主観的で、 あいまいな要件で規制の網をかけようとしているのが明らかですね。 つまり、 「子どもの人権を守る」 という目的で、 周辺の怪しいものは全部捨てようというものです。 これは大変こわいことです。

 東京都青少年条例では、 児童ポルノ規制の対象として、 漫画やアニメなど、 実体を持っていない 「非実在青少年」 の性的描写物まで規制しようとしていた。 しかもその目的が 「社会風潮の打破」 だという。 ひどい話です。 これに対し、 漫画家たちが記者会見して、 条例を止めたのは、 この問題が表現の自由に関わる脅威だということを端的に表していたと思いますね。

 よく、 「『児童ポルノ』 を論じるとき、 『表現の自由』 や 『内心の自由』 を持ち出すのは筋違いだ」 という意見があります。 しかし、 戦争中、 思想や言論の弾圧を合法化した治安維持法で、 まず、 取り締まられたのはエログロナンセンスでした。 そのことを忘れてはなりません。

保坂のぶとの 活動実績と政策 (今年3月時点) は、 こちら。 ⇒ http://www.hosaka.gr.jp/images/201003_gogai.pdf (PDF ファイル)
Twitter は @hosakanobuto で、 (公示までは) 活発に呟いています。

なお、 参院選の比例代表は 「非拘束名簿方式比例代表制」 なので、 投票用紙には立候補者名を書くことが出来ます。 ( ⇒ 保坂展人のどこどこ日記: 「参議院選挙比例」と「衆議院比例」の制度の違いとは )
投票用紙には 「社民党」 ではなく 「保坂のぶと」 と書きましょう。 せっかく票を入れても社民党の他の人が当選したのでは、 表現の自由を守ることに繋がらないかもしれませんから。 また、 社民党嫌いな人も、 今回は軍事面などは米国の外圧に任せることにして、 どうか表現規制に反対の声を上げるために一票を使うことを考えてみてください。

|

« 消費税や法人税を欧米並みに!? 都合のいいデータだけつまみ喰いしてんじゃないよ! | トップページ | 「こえでおしごと!」今冬、アニメ化! 公式サイトオープン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

* 非実在青少年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [2010 都条例問題] 参院選では、表現規制に反対してくれる人を応援しようじゃないか:

» 写真点描・札幌花物語 9 [つき指の読書日記by大月清司]
 6月、札幌はライラックが先、全国的に知られた「よさこいソーラン」のイベントで、大都市としての目覚めの季節に入りましたね。外で日中は半袖でも過ごせ始める、そういう爽やか... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 18時42分

« 消費税や法人税を欧米並みに!? 都合のいいデータだけつまみ喰いしてんじゃないよ! | トップページ | 「こえでおしごと!」今冬、アニメ化! 公式サイトオープン »